女子高校生のひげが濃い・青い原因とは?正しいひげの剃り方・処理方法や青ひげを隠すメイクのポイント

女子高校生のひげが濃い・青い

“ひげ”というと男性の悩みと思われがちですが、女性でも悩んでいる方は意外と多いものです。

自分で処理をした後に口の周りが青くなってますます目立つようになり、それがコンプレックスになったという声もよく聞きます。

しかし、正しい処理方法が分からず、さらに周りに相談できずに悩む方も少なくありません。

そこで、女性に青ひげが生える原因と、正しい肌ケア方法での青ひげ改善、自分で消せるメイク方法をご紹介します。

女性なのにヒゲが濃い・青い理由は?口周りに産毛が生える原因と今すぐできる処理・対策

女子高校生のひげが青く見える原因は?

ひげが青く見える原因は主に3つで、毛根部分のムダ毛、色素沈着、うぶ毛(ムダ毛)が深く関係しているのです。

原因①毛根部分のムダ毛

毛抜きでうぶ毛を抜いた経験のある方は、細いうぶ毛に対して毛根は意外と黒くてしっかりしているのを見た事があるかと思います。

鼻の下の皮膚は体の中でも特に薄い部分なので、皮膚の下にあるうぶ毛の毛根が透けてしまい、青く見えてしまうのです。

カミソリで剃っても、皮膚の表面だけしか処理することができないので、皮膚の下にある毛根までは届きません。

つまり、どんなにこまめにうぶ毛の処理をしても、毛根が残っている状態では、根本的解決にはならないのです。

原因②色素沈着

毛根から処理する為に、毛抜きでうぶ毛を抜く方法もありますが、肌に悪影響を与えるのですぐに止めましょう。

カミソリや毛抜きなどでの間違った自己処理で、肌のバリア機能が低下し、皮膚の内側の汚れが色素沈着となって現れます。

一度、色素沈着を起こすと、元の肌に戻すのには時間がかかったり、ひどい場合は元に戻らない可能性もあります。

原因③うぶ毛(ムダ毛)

女性でもうぶ毛があるのは当然で、人によって多少の差はありますが、そのままの状態で目立つことはあまりないのが一般的です。

しかし、うぶ毛が人より多かったり濃い場合は、光の当たり具合によっては青く見えることがあります。

なぜ女子高校生にもひげが生える?

女性にもひげが生えるのは、誤った自己処理方法をしていることと、ホルモンバランスが乱れていることが原因と言われています。

中には10代前半で鼻下や口周りのひげが生えてくる女性もおり、正しい処理方法やケアの方法が知りたいという声も多いです。

ひげは人間の生理現象

一般的に、ひげ=男性のイメージはありますが、ひげの発生にはストレスやホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。

女性の中にも男性ホルモンがあるので、ひげやムダ毛は生えるのです。女性だから毛は生えないと考えてはいけません。

女性でも男性ホルモンが濃くなる

女性ホルモンが低下する原因としては以下の3つが考えられるので、ご自身の生活スタイルと照らし合わせてみてください。

  • 過度の飲酒・喫煙
  • 学校・職場での強いストレス
  • 不規則な生活習慣(バランスの悪い食事、1日5時間以下の睡眠)

歳を重ねていくにつれ女性ホルモンが低下し、加えて上に挙げた要因が重なることで女性でも男性ホルモンが濃くなっていくのです。

青ひげを処理する際のポイント

自宅で自己処理するには、安価で手軽にできる、肌を傷つけにくい『顔用シェーバー』がおすすめです。

価格が1500円~3000円程度のものでも、普段使いするのには十分なので、手入れのしやすさや使いやすさで選びましょう。

肌の負担を減らす!小刻みにひげを剃る

肌への負担を少しでも減らすために、ひげの毛の流れに沿って(上から下へ)小刻みに動かすのがポイントです。

力を入れないように、軽くタッチするような感覚で、優しく丁寧に処理するように気を付けてください。

お風呂に入っているときの処理はNG!

体を洗うついでに、後処理が楽だからと、やってしまいがちなのが入浴時にムダ毛処理をすることです。

お風呂やシャワーのお湯で皮膚の表面は柔らかくなり、そこにシェーバーの刃をあてると、表面が傷つき肌荒れの原因となります。

お風呂から上がって、少し皮膚の表面温度が下がった頃に処理するのがベストタイミングです。

保湿を欠かさずに行う!

サロンで処理した場合にも言えますが、自己処理する場合は特に、日頃の肌ケアで保湿をしっかりと行うことが大切です。

ムダ毛を処理した後の肌は、大変乾燥しやすい状態になっているので、いつも以上に保湿をするように心がけてください。

肌の乾燥だけでなくカミソリ負けを防ぐためにも、自分の肌に合ったクリームやワセリンを使うようにしましょう。

ひげを濃くするNGな処理は?

また下から上に剃ると、毛先が皮膚の表面に出てくるだけでなく、毛の断面が太くなっているので余計に濃く見えてしまいます。

青ひげを上手に隠すメイクは?

青ひげを上手に隠すメイクは、普段使いの化粧品にちょっとした工夫を取り入れるだけで、簡単にできます。

口周りの青ひげが気になる方には、青の反対色であるオレンジ系のコンシーラーを使うのがおすすめです。

ベースメイクを工夫する

パウダータイプは、コンシーラーの次にファンデーションを塗り、リキッドタイプは、ファンデーションの次にコンシーラーの順番で塗ります。

オレンジ系のコンシーラーを、青ひげが目立つ部分に点置きし、スポンジでポンポンとたたいて肌に密着させましょう。

そして、自分の肌に色に合わせたファンデーションを重ねると、青ひげが目立たなくなり、顔の印象も変わります。

男性用のファンデーションを使う

男性用に販売されているファンデーションでも、自分の肌色に合うものを選ぶことで青ひげを目立たなくすることができます。

女性用と同様に、ファンデーションだけでは隠れない場合は、コンシーラーも一緒に使ってみてください。

チークの補正効果を利用する

さらに、コンシーラーとファンデーションだけでは物足りないと感じる方には、オレンジ系のチークを取り入れてみましょう。

肌への密着感を重視するならば、クリームチークを使うことでより高い効果が得られるのでおすすめです。

青ひげの気になる部分にチークを塗り広げ、上からリキッドファンデーションを重ねることでカバーできます。

自分の肌に合う色が分かりにくい場合は、“色相環”を参考にするといいでしょう。

青ひげには「オレンジ」、ひげが青緑に近い方は「ピンク系」を選ぶと、違和感なくメイクに取り入れることができます。

青ひげを剃るのも抜くのもNG?肌に負担をかける?

カミソリで剃るのも毛抜きで抜くのも、自宅でできる肌ケアには個人の力だけでは限界があるものです。

様々なケアを取り入れるのも大切ですが、一番はうぶ毛が生えてこないようにすることが根本的解決になると言えます。

脱毛できれいな肌に!毛根から美肌を手に入れる

自宅でもできる脱毛方法はいくつかありますが、最も手間とお金がかからないのが“抑毛ローション”を使うことです。

肌に優しい成分を含んでいるので、体全体の中でも、皮膚の薄い部分が多い顔にも使えます。

また、抑毛ローションより手間もお金もかかりますが、“家庭用脱毛器”ならデリケートな部分にも安心して使うことができます。

自分の肌質をしっかり見極め、より安全に、早い効果を求めるのであれば、医療用脱毛にも挑戦してみましょう。

医療脱毛

医療脱毛が受けられるサロンは、個人でされてるものから全国展開している大手企業まで数えきれないほどあります。

中には、鼻下部分だけなら100円で受けられる、単発お試し医療レーザー脱毛が受けられるコースもあります。

顔全体を脱毛したい場合でも、平均で2回、2000円前後で受けられるコースもあり、脱毛初心者でも始めやすいでしょう。

また、単発お試しプランもありますが、脱毛の効果を実感するには、継続的に通う必要があります。

フラッシュ脱毛

人目につく場所なだけに、毎日じゃないにしてもこまめにムダ毛処理をする手間を面倒に感じる方もたくさんいます。

どうせなら永久脱毛したいと考えている方には、あらゆる毛質にも効果的で美肌効果もあるフラッシュ脱毛をおすすめします。

照射時のチクッとした痛みが不安な方の為に、麻酔クリームが用意されているサロンもあるので、最初に確認しておくと良いですね。

誤った自己処理でできてしまった毛穴の黒ずみも、フラッシュ脱毛の美肌効果で段々と目立たなくなるのも嬉しいポイントです。

女子高校生の青いひげは正しく剃る!メイクや脱毛もおすすめ

青ひげは女性でも生えてきます。その原因は人間関係、仕事、家庭環境など様々です。

若い頃はそんなこともなくて、大人になってある時ふと鏡を見ていて気付いた、という女性もたくさんいます。

それでも、日頃のちょっとした心がけでストレスを軽減したり、ホルモンバランスを整えることで改善していくのは十分可能です。

今回ご紹介したのは、今日からでも自宅で簡単に始められる肌ケアの方法、メイク術、脱毛方法です。

心のケアをしつつ、自己処理方法を見直し、コンプレックスとなっている青ひげの正しい対処法を実践していきましょう。