ひげに悩む女子中学生の悩みを解決!ひげが生える理由と正しい処理の方法・注意点

ひげに悩む女子中学生

「ひげが生えてきて恥ずかしい」「友達は生えていないのに、なんで私だけ生えるの?」と悩む女子中学生は多いです。

ひげが原因で、からかわれた経験など、嫌な思いをすることも珍しくありません。人によっては引きこもってしまうほど、心に傷を負ってしまうのです。

この記事では、女子中学生にひげが生える原因と、ひげや産毛の剃り方を紹介します。また、除毛クリームの使用について注意点も知っておきましょう。

中学生の肌は繊細なので、丁寧にひげを処理することが大切です。肌を傷つけない方法を実践し、ツルツルの肌を作りましょう。

女性なのにヒゲが濃い・青い理由は?口周りに産毛が生える原因と今すぐできる処理・対策

ひげに悩んでいる中学生は多い!

中学生の半数以上がひげに悩んでいます。女の子にひげが生えるのは不思議なことではありませんが、少しの量でも気になってしまう方も多いはず。

とくに思春期の子供は、自分と周囲との差に敏感になりやすく、少し毛が濃いだけでも、落ち込みやすくなります。

例えば、友人や家族に指摘されたことで、鏡を見るたびにひげが気になってしまい、コンプレックスになる人もいます。

顔周りの毛は、中学生の女子にとって大きな問題です。多少のひげは生えてくるものですが、気に病んでしまう人は多いです。

ひげで悩む女子中学生の事例

以下に、ひげで悩む中学生の事例を紹介します。主にひげの濃さや生え早さに悩みを抱える方が多いです。

事例➀ひげを剃っても2~3日で生えてくる

毎週2回以上は剃らないとひげが濃くなってしまいます。そのため、鏡をチェックする回数が増えました。

それに加えて、黒ずみができるので、ひげみたいに見えて困っています…。また、ひげを剃っても皮膚が傷つくことも悩みですね。

事例②毛剃ると濃くなるのが心配

ひげを剃ると濃くなると聞いたことがあり、剃るたびに不安になります。他には、鼻の下に黒ずみができることも恐いです。

事例③ニキビができてひげを剃れない

鼻の下のひげをそりたいのですが、ニキビができてしまって剃れません。カミソリで剃っても、ニキビをつぶしてしまいそうで不安になります。

女子中学生にひげが生える原因は?

以下に、女子中学生にひげが生える原因を紹介します。

ホルモンバランスが不安定だから

中学生の女子は、第二性徴期に入り、ホルモンバランスが乱れて、体毛に変化が出始めます。

個人差はありますが、女の子は口周りやおでこの産毛が増えます。他にも、ワキや外陰部の毛が濃くなるなど、毛の量が変化しやすい時期になります。

それでも中学生は、体の変化に敏感な年頃なので、自分にひげが生えることに落ち込みやすくなるでしょう。

しかし、体が成長するにつれて、顔周りの毛は薄くなる人も多いです。女子中学生にひげが生えるのは、体が成長していることの裏返しです。

毛周期が不安定だから

中学生の女子は、毛の生えわりも不安定です。そのため、毛の生え方やサイクルも安定しにくくなります。

また、第二次性徴期のうちは、毛を作る体内の組織構造も未熟なままです。だいたい20歳前後にならないと、毛の生え方が定着しません。

例えば、ひげが濃くなる時や、うぶ毛がパラパラと生える時など、人によって毛の生え方は異なります。

中学生で、自分のひげに悩む人は多いですが、そもそも体の構造自体が不安定なので、毛の生え方に不安を持つ必要はありません。

ひげや産毛を処理する方法と注意点

以下に、ひげや産毛を処理する方法と、注意点を紹介します。

カミソリでひげを処理する時の注意点

カミソリは安くて手軽に毛の処理ができるので、使っている人も多いはずです。実際に、コンビニやドラッグストアで購入することができます。

朝の時間に毛を処理した後、そり残しがあっても、バッグに入れておくだけで安心できる頼もしい味方です。

しかし、人によってはカミソリをうまく使えない場合もあります。少し力を加えただけで、傷をつけてしまうことも多いです。

さらに、目に見えないところや、自分一人で処理しにくい部分に、カミソリは適していません。手先の器用さが求められる道具といえるでしょう。

電動シェーバーでひげを処理する時の注意点

電動シェーバーを使うと、朝の時間がない中学生でも、毛の処理がしやすくなります。それに、かわいいデザインの商品も売っているのでおすすめです。

なにより、肌を傷つけずにひげを処理できる点が大きな魅力といえます。電動シェーバーは肌が繊細な人でも、安心して使えます。

注意点は、カミソリなどに比べて高価であることです。親御さんに買ってもらう必要も出てくるかもしれません。

他には、充電が切れている、もしくは電池がない場合にひげの処理ができないことです。その場合は、カミソリでひげを剃りましょう。

脱毛器でひげを処理する時の注意点

脱毛器は、家でもエステ脱毛を体験できます。脱毛に成功すると、ひげの処理をする必要がなくなる可能性もあります。

また、家にいるときでも手軽に脱毛に取り組めるメリットもあり、母親や姉がいる家庭の中学生は、すでに始めているかもしれません。

しかし、家庭用の脱毛器は、エステやクリニックの機械と違い、照射のパワーが強くありません。そのため、脱毛に取り組む時間が長くなりやすいです。

そのうえ、脱毛器は値段が高く、中には数十万円するものもあります。中学生が買える脱毛器もありますが、効果は低めになると考えましょう。

毛抜きをひげに使うのはNG!

毛抜きは不適切な方法です。ひげが少ない方や、数本だけ生えている方でも、毛を抜かないようにしましょう。

その理由として、肌が傷ついてしまう危険性があるからです。女子中学生の肌は柔らかいので、過度に刺激を与えてはいけません。

他にも、毛を抜くことで、皮膚の中に毛が埋まる「埋没毛」の原因になります。肌に黒いポツポツが出来てしまい、ひげが生えているように見えてしまうでしょう。

さらに、毛穴が拡がることで雑菌が入り、ニキビによく似た「毛包炎」ができてしまいます。毛抜きは肌を汚してしまうので、他の方法でひげを処理しましょう。

ひげや産毛を処理する3つのコツ

以下に、ひげを剃りやすくするコツを、3つに分けて紹介します。

肌を柔らかくする

ひげや産毛を剃る際は、肌を柔らかくしましょう。ひげを処理するのは、肌を傷つける行為なので、柔らかい肌はひげそりの負担が少なくします。

逆に、乾燥した肌にカミソリや電動シェーバーを当ててしまうと、必要以上に肌を傷つけてしまいます。

そのため、ひげを剃るときは、お風呂上りのケアがおすすめです。毛穴が広がった状態で、うぶ毛も剃りやすくなっています。

他には、蒸しタオルやスチーマーを使う方法もあります。どちらも、肌を柔らかくして、ひげを剃る負担を下げてくれるでしょう。

ひげを剃る方向に注意する

ひげを剃る方向は、ひげが生えている方向と同じです。反対に剃っている人も多いですが、実はひげと同じの方向で剃る必要があります。

その理由は、ひげが生えている方向と逆に剃ると、カミソリや電動シェーバーの刃で、肌を傷つける原因になるからです。

また、クリームの塗り方は、毛の生えている方向と逆がおすすめです。寝ている毛が逆立ち、剃りやすくなります。

肌を引っ張る

ひげや産毛を剃る方向とは逆に肌を引っ張ると、ひげの剃り残しが減るので、肌を傷つけずに毛の処理が可能になります。

このテクニックは、エステティシャンなど美容のプロが使うほど有効で、多くの女性たちに支持されている方法です。

肌を引っ張るテクニックは、ひげだけでなく、顔の産毛にも有効な方法です。顔の印象も明るくなるメリットもあるので、ぜひ試してみてください。

除毛クリームはひげを処理できる?

以下に、除毛クリームで行う、ひげの処理について記載します。

除毛クリームは顔に使えない

ひげの処理に除毛クリームを使ってはいけません。なぜなら、肌トラブルを起こす可能性が高いからです。

除毛クリームは、毛を形成するタンパク質と反応して毛を溶かしますが、同時に皮膚も溶かしてしまいます。

また、除毛クリームは、ひげだけでなく、顔全体にも使用してはいけません。たとえ、肌にやさしい商品でも、肌トラブルの原因になります。

肌にやさしい抑毛クリームがおすすめ

ひげを生えにくくする抑毛クリームは、肌にやさしいのでおすすめです。子供や女子中学生でも安心して使えます。

使い方は塗るだけなので、かんたんにひげの対策ができます。ただし、効果に即効性はないので、長期間の使用が必要です。

抑毛クリームは、お風呂上りに使うと、乾燥肌の人にとっても保湿の効果が高くなります。とくに冬の季節に活躍するでしょう。

サロンや病院で脱毛する選択肢もある

どうしても、ひげや産毛が気になる方は、サロンやクリニックで施術を受けて、脱毛をする選択肢もあります。

脱毛すると、毛の処理が必要なくなります。カミソリや電動シェーバーで肌を傷つけることなく、きれいな状態を保てるでしょう。

しかし、中学生が脱毛を受ける際は、親権者の同意書が必要になるので、まずは親御さんと話し合いましょう。

それだけでなく、成長途中の体で施術を受けても、発毛が再発する可能性もあることを覚えておいてください。

脱毛は、年単位の期間をかけて取り組むものなので、長期間の施術と高額な費用が必要になります。

それでも、脱毛を行うメリットは大きく、ひげの悩みを解決してくれる可能性もあるので、よく考えたうえで判断をしましょう。

女子中学生のひげは丁寧に処理しよう!

女子中学生は、ホルモンバランスの乱れや、毛周期の関係で、ひげが生えてくることがあります。

ひげの濃さや太さをコンプレックスに感じる人も多いですが、思春期の体は成長途中なので、毛の太さや生え方も安定しません。

そもそも、男子に限らず、女子でもひげが生えるのは当然のことなのです。それに、年齢を重ねるとひげが薄くなる人もいます。

まずは、ひげや産毛を、カミソリや電動シェーバーを使って丁寧に処理しましょう。過度にひげを剃ってしまうと、肌を傷つけてしまいます。

女子中学生の肌は繊細です。剃り方の工夫や抑毛クリームを使うことで、肌を傷つけずにひげを剃れるので、ぜひ試してみてください。