家庭用脱毛器は効果あるのか?効果のある使い方・選び方とポイントを詳しく解説

脱毛器は効果あるのか?

「家庭用脱毛器に脱毛効果はないから、お金のムダ。脱毛したいならクリニックやサロンに通った方が良い」という意見を聞いたことがある人も多いでしょう。

結論から言うと、家庭用脱毛器は毛の成長を遅くする・ムダ毛を細くするなどの抑毛効果はありますが、クリニックの医療レーザーのような永久脱毛の効果はありません。

このページでは、家庭用脱毛器の脱毛効果や購入する前に抑えておきたい注意点などについて解説していきます。

またページの後半では、家庭用脱毛器のフラッシュ式とレーザー式の違い・効果がある家庭用脱毛器の選び方なども紹介していくので、そちらも参考にしてください。

家庭用脱毛器のおすすめ人気ランキング!脱毛器の種類や注意点も紹介

家庭用脱毛器は本当に効果ある?

最初に触れたとおり、家庭用脱毛器自体に効果はあります。

家庭用脱毛器は強力な光で毛根にダメージを与えてムダ毛を生えなくさせているのですが、この仕組み自体はサロンやクリニックの脱毛機と同じであり、違うのは光の量だけです。

医療クリニックなどの強力な光(レーザー)であれば毛根を完全に破壊できますが、家庭用脱毛器は安全のためにパワーが抑えられているため、脱毛とまではいかないまでも抑毛効果はある、というのが事実でしょう。

サロン脱毛に比べて痛みを感じにくい

家庭用脱毛器はサロンやクリニックの業務用のものと比べてパワーが抑えられているため、脱毛自体はできないと説明しましたが、パワーが抑えられていることのメリットもあります。

それは照射する際に痛みを感じづらい、という点です。

基本的に脱毛効果が高ければ高いほど痛みは強くなるため、ワキやVIOなどをレーザー脱毛しようとすると麻酔が必要になることもあります。

そのため痛みを感じやすい部位は家庭用脱毛器、自己処理が難しい部位はサロンなど使い分けるのが賢い脱毛と言えるでしょう。

家庭用脱毛器の注意点

家庭用脱毛器を購入する前に抑えておきたいポイントとしては、全身脱毛には向いていない・回数や期間は長くなりがち・永久脱毛はできないの3点が挙げられます。

詳しくは次から見ていきましょう。

全身脱毛には不向き

家庭用脱毛器を利用する際の注意点としては、全身脱毛がしづらいという点が挙げられます。

なぜなら家庭用脱毛器は自分で気になる部位に脱毛器を当てる必要があるため、自分の手が届かない背中やOラインなどをキレイにするのは限界があるからです。

また家庭用脱毛器は顔やVIOラインなど皮膚が薄い部位をそもそも照射できないケースもあり、照射に対応している部位は購入前に必ずチェックしておきたいところでしょう。

一方で家庭用脱毛器はピンポイントでムダ毛を処理する部分脱毛には向いているため、特に気になる部位があるという方にはおすすめできます。

回数・期間は長くかかりやすい

家庭用脱毛器を購入する前に抑えておきたいポイントとしては、脱毛の効果を実感するまでの回数や期間は長くなりがち、という点が挙げられます。

そもそも脱毛器の光は成長中の毛にしか効果がないため、一定の周期を空けつつ照射する必要があるのですが、家庭用脱毛器は先ほど触れたとおりパワーが弱く効果が出るまで時間と回数がかかります。

具体的には照射回数にして10〜20回、期間としては1年から2年は掛かってしまいます。

ただし1回の照射ごとに期間を開けなければならないのは脱毛サロンやクリニックも同じであり、人気のサロンの場合は施術日の予約が取れないため長引いてしまうケースも多く、脱毛に時間がかかるのは家庭用脱毛器に限った話ではありません。

永久脱毛が出来ない

繰り返しになりますが、家庭用脱毛器で永久脱毛はできません。

その上で抑えておきたいポイントとしては、永久脱毛=自己処理が完全に不要になる訳ではないという点です。

永久脱毛とは施術後から1ヶ月以内に毛が生えてくる可能性が20%以下であること、または3回の施術後から6ヶ月経った時点で毛が67%以上減っていること、を指します。

つまりクリニックの医療レーザー脱毛を受けても、100%毛がなくなる訳ではないのです。

上記を踏まえた上で「永久脱毛でも毛がなくならないなら、自分の好きな時にケアできる家庭用脱毛器を使う」「永久脱毛を受けた上で家庭用脱毛器を使う」という方も増えており、永久脱毛と家庭用脱毛器の効果をしっかりと把握しておくことが重要と言えるでしょう。

家庭用脱毛器の効果の口コミ

以下に人気の家庭用脱毛器の効果に関する口コミをまとめました。

購入する際の参考にしてください。

口コミ➀しっかりと続ければ毛はなくなる!

口コミ➀

28歳・OL

購入した家庭用脱毛器:BoSidin

照射範囲の広さ、オリジナルの冷却機能に惹かれてBoSidinにしました。
デザインも高級感のあるモスグリーンとピンクゴールドで気に入っています。

肝心の脱毛効果ですが、2回3回と続けて使えばちゃんと効果はありますね。

2年ぐらいすればムダ毛0も夢じゃないかもしれません。

口コミ②全身をスピーディーにキレイにできる!

口コミ②

22歳・学生

購入した家庭用脱毛器:BESTOPE

あまりお金が無かったので1万5000円程度の脱毛器を買ったのですが、ちゃんと効果はありました!

2〜3回目から効果を感じ始めたので、頑張って無毛を目指したいと思います。

握りやすい形で99万発も打てるのは本当にお得!

口コミ③脱毛と一緒に美顔ケアをできるのが嬉しい

口コミ③

31歳・主婦

購入した家庭用脱毛器:Sarlisi

家庭用脱毛器にはあまり良い印象が無かったのですが、美顔器としても使えるならダメ元かな、と。

ただ最近の脱毛器は本当に進化してるんですね…。下手したらサロン並みの脱毛効果はあります。

中々外に出られないご時世なので、今の中に家庭用でツルツルにするのも良いと思います。

家庭用脱毛器はレーザーと光のどちらがおすすめ?

家庭用脱毛器で検索してみると、レーザー式とフラッシュ式の2種類があることが分かります。

どちらも強い光を当てて毛根にダメージを与える仕組み自体は変わりませんが、それぞれ得意不得意が異なります。

詳しくは次から見ていきましょう。

早い効果を望むならレーザー式

レーザー式の家庭用脱毛器は範囲を絞って強い光を照射できるのが特徴であり、早くしっかりと脱毛したい、という方へ特におすすめできます。

またピンポイントで脱毛できることから、VIOラインやワキなど細かい部位が気になっている方にもうってつけと言えるでしょう。

ただし範囲を絞って強い光を照射している分、痛みも強くなってしまう点や、広範囲の脱毛には向いていない点には注意が必要です。

広く脱毛したいならフラッシュ式

フラッシュ式の家庭用脱毛器は光量を抑えて照射範囲を広げているのが特徴であり、広範囲を効率よく脱毛したい、という方向けです。

また光量を抑えているため、脱毛時の痛みをできるだけ減らしたいという方にもおすすめできます。

一方でフラッシュ式の家庭用脱毛器は効果が出るまで時間が掛かりやすいため、年単位で脱毛に取り組む必要があることは注意しましょう。

効果がある家庭用脱毛器の選び方

2020年3月時点、Amazonで「家庭用脱毛器」と検索すると868件もの商品がヒットし、どれを選んだら良いのか分からない、という方も多いでしょう。

家庭用脱毛器の中には2万〜3万円代の製品もあり、きちんと効果があるものを選びたいですよね。

家庭用脱毛器で後悔しないためには、出力範囲の面積・出力調整機能・ショット数などをチェックしましょう。詳しくは次から見ていきます。

照射範囲の面積をチェック

家庭用脱毛器の重要なチェックポイントとしては、照射範囲の面積が挙げられます。

なぜなら照射範囲の面積が狭い製品を買ってしまうと、1回の脱毛に時間がかかり、続けるのが嫌になってしまうからです。

そのためきちんと脱毛効果が出るまで続けるためにも、なるべく照射範囲の広い家庭用脱毛器を選ぶことをおすすめします。

なおAmazonで家庭用脱毛器と検索した際に表示される製品の照射面積は1cm×3cm=3平方cmのものが多く、1つの目安にすると良いでしょう。

出力調整やショット数を比較

家庭用脱毛器を購入する際にチェックしておきたいポイントとしては、出力調整機能と照射可能回数(ショット数)も挙げられます。

照射の際に感じる痛みは部位によって異なるため、ストレスなく脱毛を続けるためにはなるべく出力を細かく調整できる製品がおすすめです。

また家庭用脱毛器は業務用の脱毛機よりも1ショットあたりの出力が抑えてあるため、なるべく照射回数が多い製品を選ぶと後悔しにくくなります。

目安としては出力が5段階以上、可能ショット数が60万回以上の製品を選ぶと良いでしょう。

家庭用脱毛器を継続的に使用してムダ毛の成長を遅らせよう

このページでは家庭用脱毛器の効果や口コミ、選ぶ際のポイントなどを解説してきました。

家庭用脱毛器にはサロンやクリニックのような脱毛効果はありませんが、毛の成長を遅らせる抑毛効果はあるため、継続的に使えばツルツル肌をキープできます。

脱毛方法を上手く使い分けて、コスパよく脱毛しましょう!