中学生なのに白髪が多くてイジメられる…白髪の原因・いじめる側の心理といじめられたとき時の対処法

中学生なのに白髪でイジメられる時の対処法

中学生で、白髪が生えている人は多いです。頭の一部分や全体など、生え方は様々ですが、珍しいことではありません。

しかし、心無い人たちから、いじめの標的にされることがあります。その人たちは、自分と違う部分があるだけで、からかいたくなるようです。

そこで、この記事は、白髪でいじめを受けている人ができる対処法を紹介し、同時にいじめをする人の心理も解説します。

実は、かわいそうな人たちだと知ることで、心の負担が軽くなるので、ぜひ読み進めてください。

白髪が原因でいじめられる中学生の事例

白髪が原因でいじめられる中学生の事例

事例①おばあちゃんと言われる

白髪が多いことで、年を取っていると言われることがあります。とくに、白髪がまばらに生えている人がいじめにあうことが多いです。

事例②先生と比べられる

白髪が多い理由で、先生の白髪と比べられる人もいます。白髪=年寄りのイメージで、からかわれる人が多いです。

白髪が原因でいじめられるケースは増えている?

白髪が原因でいじめられるケースは増えていません。いじめは常に一定の数で存在します。

いじめる側の人は、人と違う部分を避難して安心したいだけです。白髪を原因にしたいわけではありません。

白髪が多くてもヘアカラー利用はできるだけ避ける

ヘアカラーの使用は、なるべく避けたいところです。その理由は、頭皮や髪に、ダメージを与えてしまうからです。

市販のヘアカラーは、薬剤が強めに配合されています。白髪は何度も生えてくるので、そのたびに髪を染めると、ダメージを蓄積してしまうのです。

それは、白髪だけでなく、薄毛や抜け毛の原因になることを意味します。おまけに、髪質も落ちるので、カラーリングのデメリットは多いです。

白髪を隠すためのヘアカラーで、増やしてしまっては元も子もありません。また、金髪など、他の色に染めたいときは、10代の後半まで待ちましょう。

白髪を染める対策と染め方のポイントを解説

以下に、白髪を染める方法を2つ紹介します。どちらも薬局で購入でき、かんたんに白髪対策ができです。

①ヘアマニキュアを使う

ヘアマニキュアは手軽に白髪を染めることができ、爪にぬるのと同じ要領でサッと濡れるところが魅力です。

なにより、ブリーチの効果がないので、髪を痛めずに染められます。また、色落ちもしにくいので、2週間に一度塗れば十分でしょう。

しかし、ヘアマニキュアは地肌につくと、落ちにくくなります。後頭部などの、自分で塗りにくい部分は、他の人に塗ってもらいましょう。

塗った後は、タオルや枕に色が移りやすいので、汚れていいものを使ってください。また、ワイシャツや体操着などを着る際に、色が移らない工夫が必要です。

②白髪用シャンプー/トリートメントを使う

シャンプーやトリートメントなどで、白髪を染めることができます。髪を洗うたびに、色が変わるので、全体のバランスもよくなります。

加えて、髪の染まり具合も、自然な仕上がりになるので、中学生でも使いやすいです。また、新しく生える白髪にも対処できるメリットもあります。

しかし、爪や浴槽に染料が付着しやすいので、シャンプーで頭を洗った後は、掃除する手間が増えるでしょう。

値段が高めの商品も多いですが、頭を洗う習慣にしやすく、髪や頭皮へのダメージを抑える効果を期待できます。

白髪の生え方で髪の染め方は変えるのが重要

白髪が生えている部分や本数で、染め方を変える必要があります。生え方や量によって、適切な方法は異なります。

一部分に生えている人は、ヘアマニキュアを使いましょう。ピンポイントで染めることができ、塗り直しもかんたんです。

一方、頭全体にまばらに生えている場合は、シャンプーやトリートメントを使って、髪を染めるのをおすすめします。

髪や頭皮にダメージを与える必要もなく、生え際から染めることができ、習慣化しやすいメリットもあります。

どちらの方法も、中学生の白髪染めに最適な方法です。個人の白髪に合わせて、負担の少ない染め方を選択しましょう。

若いうちから起こる白髪の原因と対策

白髪の原因は、色素細胞(メラノサイト)の機能低下によるものです。この細胞から色素が作られなくなり、髪の色が白くなります。

人間は老化すると、メラノサイトが働きが弱くなりますが、中学生から白髪が生えていても、不思議なことではありません。

以下に、10代のうちから白髪になる原因について解説します。

白髪の原因①遺伝

遺伝によって、白髪が生えやすくなると考えられています。両親のどちらかの家系、もしくは両方からの遺伝子による影響です。

医学的には、白髪と遺伝の関係は解明されていません。しかし、統計的には親の遺伝と相関関係にあります。

そのため、肌の色に違いがあるのと同じように、髪の毛の色素も親の遺伝子を継ぐ可能性も高いです。

他には、親に白髪が多い場合、生活習慣が同じになりやすいことで、白髪が増えることもあります。

白髪の原因②ストレス

強いストレスを感じると白髪が増えます。その理由は、血流が悪くなることで、髪に栄養が届かなくなるからです。

さらに、夜更かしをすると、睡眠不足によるストレスが強くなります。夜は髪の細胞を修復する期間なので、睡眠は欠かせません。

そもそも中学生は、日々の勉強よりも、複雑な人間関係に疲れることが多く、悩みやストレスを抱えやすいです。

朝起きて夜寝るだけでも、髪にいい影響を与えるので、規則正しい生活習慣をつけると、白髪の対策が可能になります。

白髪の原因③食生活

食べ物も白髪に影響します。バランスのよい食事は、体だけでなく髪に栄養を届けるので、食生活の改善は必要不可欠です。

とくに、タンパク質は髪の主成分になるので、肉や魚などから摂取する必要があります。

他には、「チロシン」という成分が、髪の黒さの元になるメラニン色素を増やすので、ナッツ類やチーズを食べましょう。

反対に、お菓子やパン、加工食品は血液をドロドロにして、髪に栄養が届きにくくするので、白髪を増やしてしまいます。

いじめの対策は証拠を集めることから始めよう

白髪を理由に、いじめてくる人に対しては、以下のような証拠を集めて対策を行いましょう。

いじめがあった事実がわかる証拠

いじめにあっていることを、音声や映像データで特定できるようにすれば、言い逃れができなくなります。

ボイスレコーダーや、ビデオカメラで証拠を押さえれば、第三者に事実を説明できますが、本人が実行するのは難しいでしょう。

録音機能を押しっぱなしにすると、相手に気づかれることなく、会話を録音できるので、とっさにボタンを押す必要はなくなります。

また、SNSなどのメッセージのやりとりも、いじめの事実を判断する際に必要です。

話し合いの場を設けるときに、証拠として活用できるので、暴言や誹謗中傷などを受けたら、保存しておきましょう。

いじめがあったと推測できる証拠

いじめを推測できるものも、証拠として活用できます。間接的な行為も、処罰の対象になるので、対策が必要です。

例えば、インターネット掲示板への投稿や、損壊された所有物などを用意するといいでしょう。

他には、第三者からの証言も有効です。当人が否定しても、いじめがある事実は、誰かが目的しています。

なぜ人は人をいじめるの?いじめっ子の心理を分析

「心が未熟な自分を守りたい」から、誰かをいじめてしまいます。つまり、ただの臆病者です。

人間には防衛本能が備わっていて、心が不安定になることを避けたがります。そして、弱い人は、精神のバランスを保ちたいのです。

白髪を理由にしているのは、自分の心の安定させたいだけなので、本来であれば相手をする必要はありません。

いじめることで、自分が優位な立場になると勘違いをしています。おまけに、精神が未熟なので、誰かにかまってもらいたくて、卑劣な行為をしているだけです。

そもそも、いじめるような人は、怯えて不安な気持ちを持ち続けています。そんな、かわいそうな人は、無視していい存在なのです。

理由➀愛されたいから

親から十分な愛情をもらえなかった場合、子供の心は常に満たされていない状態になります。

つまり、「愛されたい」から、誰かにかまってほしいと願ってしまうのです。中学生になっても、愛情に飢えた子供と同じ考えを持っています。

その気持ちを素直に表現できないので、横暴な態度をとったり、乱暴な言葉を放ったりするわけです。

そして、相手を困らせることでことで気を引こうとします。「いじめ」の正体は、寂しさを埋めるために迷惑をかける行為なのです。

理由②自己肯定感が低いから

「自分は何もできない」と考えてしまい、無力感に襲われるのが怖くて、いじめをする人もいます。

幼少期に、「なんでこんなこともできないの?」「よその子に比べて劣っている」などの発言を受けると、自分に自信が持てないまま育ってしまうのです。

自己肯定感を満たすために、人をいじめて、小さな自己満足を得ているのです。最後は、自分の恥ずかしい行為を正当化するしかありません。

理由③情緒不安定だから

親が自分の理想を押し付けて、子供にストレスをかけ続けると、精神が不安定な状態で育ちます。

自分を認められないまま、親の理想ばかりを追うようになってしまうので、中学生以降も、幼少期に負った傷を抱え続けます。

また、情緒が不安な人は、迷惑をかけることばかりを考えてしまい、自分で自分の居場所をなくしてしまうでしょう。

中学生の白髪対策は簡単!それでも解決しないイジメはすぐ相談しよう

白髪はヘアマニキュアや、シャンプーなどで、かんたんに対策ができます。無理な、カラーリングは髪を痛めるだけです。

さらに、食生活や睡眠時間を改善すると、黒い髪が生えやすくなります。髪に十分な栄養を与え、健康状態を維持することが大事です。

また、白髪を理由にいじめをする人に対しては、物的証拠や間接的に証明できるものを用意し、言い逃れができない状況を作りましょう。

そもそも、心が弱く、愛情が足りない寂しい人たちは、無視してかまいません。いじめの事実を突きつけ、先生や保護者の力を借りて、自分と関わらせないようにしてください。