女性の毎日のひげ処理ってどうしてる?意外と知られていないひげ処理方法・ポイント

女性の毎日のひげ処理

女子の中には、毎日ひげが生えてきて、処理の手間がかかって、悩んでいる人もいます。

それでも、ひげが生えた姿は見せたくないもの。つい、うっかりして、剃り忘れを見られたら…なんて考えたくないですよね。

また、大人だけでなく、中学生の女子もひげの処理に困っている方は多いです。年頃の子にとって、毎日のひげの処理はつらいでしょう。

そこで、この記事では、女性でもひげが生える原因や、効果的な対策についてご紹介します。

女子のひげが生える原因

ホルモンバランスの乱れ

女性は、ホルモンのバランスが崩れることで、ひげが生えやすくなります。しかし、人間の生理現象なので、不思議なことではありません。

また、生まれつき体毛が濃い人もいるので、女性でもひげが濃い人もいます。さらに、ホルモンが乱れることで、普段よりもひげが目立ってしまうのです。

そして、毎日のひげ処理をするまで、生えてしまう人もいらっしゃいます。女子トイレでこっそりとひげを剃る人も多いのではないでしょうか。

そもそも、女性は生理があるので、ホルモンのバランスは乱れやすくなります。それでも、長期間のひげが濃くなるようでしたら、病院で診察を受けましょう。

過度なストレス

普段の生活で、ストレスを感じている場合もひげが濃くなります。とくに、女性は人間関係に注意が必要です。

ストレスの溜まる職場や、学校での人間関係は心に負担をかけます。自分では我慢しているつもりでも、体に疲労は蓄積しています。

しかし、適度に体を休ませてあげないと、女性ホルモンに悪影響です。もともと、女性ホルモンはストレスに弱いので、ストレスがかかると分泌量が減ってしまうのです。

そして、男性ホルモンが強くなり、ひげの処理を毎日することに繋がります。ストレス過多な生活は、女子を「オス」に変えてしまうので注意しましょう。

生活習慣の乱れ

また、不規則な生活や睡眠不足なども、ひげを増やす原因になります。そのため、朝早く起きて、夜に眠れる習慣が大切なのです。

睡眠時間は、ホルモンバランスを整えるの時間です。ストレスで眠れないと、肌もあれて、ひげを処理する時間も増えます。

他にも、ストレスによって食欲がなくなったり、高カロリーな食事を摂りすぎたりすると、女性ホルモンが減って肌の状態が悪化します。

日々の生活が乱れると、ひげを剃るの回数が増えていくでしょう。健康と美容は深く結びついているので、規則正しい生活が必要不可欠です。

女子中学生でも可能なひげ毛処理は?

以下に、女子中学生ができるひげの処理方法についてご紹介します。

カミソリを使う時のポイント

カミソリはコンビニで販売しているので、通勤や通学途中でも購入することができます。外出先で、ひげを剃り忘れた時も安心です。

価格も安く、手軽にひげを処理できるので、使っている人は多いですが、実はデメリットも多く存在します。

カミソリでひげを処理すると時間がかかるだけでなく、肌を傷つける恐れがあります。手をすべらせて、血が出てしまう人も少なくありません。

ひげを剃るのが苦手な人は、女性用のカミソリを使いましょう。肌にやさしい構造になっており、安心してひげを処理することができます。

電気シェーバーを使う時のポイント

電気シェーバーを使うと、ひげ処理も手早く行えます。職場や学校に向かうまでの準備は、時間がかかるので、なるべく短縮したいところ。

なにより、女性の肌を傷つけない点も大きな魅力です。毎日のひげ処理で、肌荒れや炎症を起こすケースも多く、肌が痛まない方法で処理する必要があります。

加えて、電気シェーバーは防水機能を搭載しているので、日々のお手入れもかんたんです。何かと忙しい女子の準備の時間を短縮し、効率よくひげの処理ができます。

ただし、毛を処理する性能が高いものは、高額になりがちです。学生はお小遣いを貯めてから購入しましょう。

脱毛器を使う時のポイント

毎日のひげの処理が大変な方は、脱毛器もおすすめです。毛の量を減らす効果が期待できます。

しかし、家庭用脱毛器はパワーが少ないため、効果を実感するまで時間がかかるでしょう。

それに、脱毛器は値段が高いため、購入する費用を貯める必要があります。学生だと、なかなか買えないかもしれません。

また、機械によっては強い痛みを感じる場合もあるので、注意が必要です。その場合は、弱い照射が可能なものを選びましょう。

【注意】毛抜きでひげを抜くのはNG

毛抜きでひげを抜かないようにしましょう。細かい部分のひげや、数本しか生えていない場合でも、注意が必要です。

その理由は、肌が傷つきやすく、毛が太くなる可能性が高いからです。とくに、中学生の肌は繊細なので、毛を抜く行為は避けてください。

また、埋没毛やニキビの原因にも繋がるので、肌の状態も悪くなります。毎日のひげ処理の手間がかかり、ひげ以外の悩みも増えてしまいます。

さらに、毛穴に菌が入り込んで、炎症を起こしてしまうので、ますます肌が汚れてしまうでしょう。基本的に、ひげを抜いてはいけません。

ひげそりの効果を高めるコツ

小刻みにカミソリを使う

カミソリを使う際に、長いストロークで剃ると、肌を痛めてしまいます。なるべく小刻みに、ひげを剃るようにしましょう。

肌に負担をかけないために、1センチ程度を目安に、細かく剃りましょう。また、深く剃るのもNGです。

注意点は、毛の流れにそってカミソリを動かすことです。そうすることで、肌を傷つけずにひげを処理することができます。

ひげを剃るのはお風呂のあと

お風呂に入る時や、シャワーを浴びるついでに、ひげを剃ることを避けてください。

実は、皮膚が柔らかくなった状態で、カミソリやシェーバーなどの刃を当ててしまうと、肌が傷つく原因になります。

シャワーやお風呂でひげを剃らず、少し時間をおいて、体の温度を下げると肌の負担も軽減できます。

保湿を欠かさずに行う

ひげを剃る時に、保湿は欠かせません。とくに、毎日ひげを剃っている人は、念入りなケアを意識してください。

肌が乾燥していると、カミソリや電動シェーバーの摩擦で傷がつきやすくなるので、水分を含んだ状態にしましょう。

そのため、ひげを剃る前や剃った後に、自分の肌にあうクリームやワセリンなどで、肌の保湿を維持しましょう。

女性ホルモンを増やす栄養素を摂取してひげが増えるのを防止

女性ホルモンを増やす栄養素

女性ホルモンを増やす栄養素①タンパク質

タンパク質は体の材料と栄養素です。もちろん、女性ホルモンの材料なので、積極的に摂取したいところです。

さらに、筋肉の元にもなるので、代謝を向上させて、ダイエットの効果も期待できます。

主に、鶏肉や魚などからタンパク質が取れるので、毎食の献立に取り入れましょう。外出先は、サラダチキンなどがおすすめです。

女性ホルモンを増やす栄養素②イソフラボン

大豆などの食品に多く含まれ、体内で女性ホルモンの働きを助ける効果があります。

朝に暖かい豆乳を飲むといいでしょう。血流が改善しやすくなるので、冷え性の女性におすすめです。

ただし、過剰な摂取は危険です。日本食を中心にして、納豆や味噌汁などで、バランス良く摂取しましょう。

女性ホルモンを増やす栄養素③鉄分

女性は生理があるので、鉄が不足しやすいだけでなく、女性ホルモンも乱れやすくなります。

ほうれん草や貝類、赤身の肉などを摂取しましょう。鉄不足を補い、疲労がたまりにくくなります。

また、貧血を起こしやすい方も、積極的に鉄分を補給してください。ひげだけでなく、健康そのものに影響します。

ひげが生えるのを予防するには運動の習慣や睡眠も重要

運動不足は女性ホルモンの分泌を抑えます。とくに冷え性の方は、卵巣の働きが弱くなっている可能性が高いです。

ジョギングやランニングなどで、体を動かす習慣を作りましょう。運動は毎日行う必要があるので、ストレッチなどもおすすめです。

また、運動することで、ダイエットの効果も期待できるので、ひげを少なくする以外のメリットを得られます。

他には、睡眠も女性ホルモンに影響します。夜更かしはひげを濃くする原因になるので、注意が必要です。

加えて、睡眠の質を高めるために、パソコンやスマホを見る時間を減らす必要があります。最低でも就寝の1時間前は、画面を見ないようにしてください。

照明を暗くして、アロマなどでリラックスすると、眠りやすくなるので、快適な空間で睡眠をとり、女性ホルモンの量を増やしましょう。

根本的な解決のためにはサロン・クリニックで脱毛するのがベター

ひげの処理が毎日で大変な人は、サロンやクリニックで脱毛もおすすめです。

サロンの脱毛は、出費を抑えたい場合や、施術時の痛みを軽減したい人に適しています。

一方、クリニックの脱毛は高額ですが、永久脱毛が可能なので、ひげを剃らない肌で生活できます。

どちらも、ひげの処理に効果があるので、悩みが減ることを実感できるはずです。

脱毛サロンやクリニックは、無料のカウンセリングで相談できるところが多いので、話をきいてもらいましょう。

女性のひげ処理は大変!毎日の負担を下げよう

毎日ひげの処理は女性に負担をかけます。なにより、ひげは伸び続けるので、女子は油断できずに過ごしています。

しかし、ひげの剃り方や生活習慣などを工夫すると、女性ホルモンが増えて、ひげも薄くなります。

適度な運動と質の高い睡眠は、美容だけでなく健康に影響するので、規則正しい生活のメリットは大きいです。

他にも、ストレスがかかる環境を避けると、体調がよくなり、ひげが薄くなるのを実感できます。

少しの工夫で、女性ホルモンが乱れない生活を手に入れて、毎日のひげ処理の負担を下げましょう。