お金をかけずにそばかすを消す方法とは?0円で効果を発揮できる裏ワザ美容法

お金をかけずにそばかすを消す方法

中学生にもなると、自分の肌のことは気になりますよね。

特にそばかすは中々消えませんし、中学生はバイトもできないのでメイクでごまかすこともできません。

お金をかけずにそばかすを消したい!そう考えている中学生も多いのではないでしょうか。

このページでは、そばかすを消すことはそもそもできるのか、そばかすはどうしてできるのか、などを解説していきます。

またページの後半では、お金をかけずに身の回りにあるものだけでそばかすを消す方法を紹介していくので、そちらも参考にしてください。

そばかすを消すことは可能なの?

そもそもそばかすを消すことは可能なのか、気になっている方も多いでしょう。

結論から言うと、そばかすを消すことは可能です。

そばかすというのは肌のメラニン色素が沈着することでできるしみの一種で、きちんとケアをすれば薄くなりますし、継続的にスキンケアをすることで消すことができます。

そばかすは遺伝的原因で出来ることが多い

そばかすがしみの一種であることは説明したとおりですが、クラスメイトの中でも全くそばかすがない女の子もいますよね。

同じ中学生なら特別なスキンケアをしている可能性は低いですし、普段食べているものが全く違うこともないでしょう。

なぜそばかすがある子とない子がいるかと言えば、そばかすは遺伝によってできる人が多いからです。

時間があれば、お母さんに子供のころにそばかすがあったかどうかを聞いて見ると良いでしょう。

しみとそばかすの違いとは?

しみとそばかす、なにが違うか気になっている方もいるでしょう。

結論から言うとそばかすもしみの一種ですが、そばかすは他のしみとはできる原因や年齢による変化が異なります。

詳しくは次から見ていきましょう。

そばかすは年々薄くなる

そばかすが他のしみとは異なるポイントとしては、年齢による変化が挙げられます。

というのもそばかすは小学生〜高校生などの若い方を中心にできる傾向があり、年々薄くなっていく人が多いからです。

そのため、そばかすはいつか消えると割り切ってしまうのも一手と言えます。

そばかすが紫外線を浴びるとしみに変化する

しかしそばかすはいつか消えると考えて、日焼け止めなども塗らずに外で長時間遊ぶのは避けた方が良いでしょう。

なぜならそばかすは紫外線を浴びるとしみに変化してしまい、簡単には消えなくなってしまうからです。

特に中学生などの成長期は外部からの刺激に弱く、全くの無頓着でいると大人になってもしみに悩まされることになります。

そのため中学生の内から、紫外線ケアはしっかりとしておいた方が良いでしょう。

お金をかけずにそばかすを消す方法

お金をかけずにそばかすを消す方法としては、緑茶パック・お米のとぎ汁洗顔・お米のとぎ汁パックなどが挙げられます。

詳しくは次から見ていきましょう。

緑茶パック

お金をかけずにそばかすを消す方法として、一番効果的な美容法としては、緑茶パックが挙げられます。

緑茶に含まれるカテキンには抗酸化作用があり、そばかすを薄くしつつ、今以上にそばかすやしみが増えるのを防ぐ効果があります。

緑茶パックの材料は小さじ1杯の粉末緑茶と、小さじ1杯の小麦粉、それと少量の水です。

まずは粉末緑茶と小麦粉を混ぜて、塗りやすい固さになるまで水を入れていきましょう。

できあがったものを肌に10分ほどパックし、ぬるま湯で落とせばスキンケアは完了です。

お米のとぎ汁洗顔

普段からよく白米を食べる家庭であれば、お米のとぎ汁洗顔がおすすめです。

お米をといだ後にできる白い水をとぎ汁と言うのですが、とぎ汁には美肌に効果的なビタミンB1・ビタミンC・ビタミンE・ミネラル・セラミドなどが含まれており、高級化粧品並みの効果が期待できます。

とぎ汁洗顔のやり方ですが、お米のとぎ汁を水で1.5倍程度に薄め、洗顔の後にそっとマッサージをするように顔になじませてください。

ただしお米のとぎ汁は非常に腐りやすいため、その日の内にできたとぎ汁は、その日のうちに使い切ることをおすすめします。

お米のとぎ汁パック

もっと効果の高い美容法を試したい、という方はお米のとぎ汁でパックをしてみましょう。

お米のとぎ汁を深めのお皿に入れて冷蔵庫で1晩寝かせると、お皿の底にとろりとした沈殿物ができるはずです。

この沈殿物はとぎ汁が濃縮されたものであり、しっかりと肌に塗れるため、より高い美白効果が期待できます。

とぎ汁パックのやり方ですが、洗顔後に沈殿物を肌に塗って5分ほど放置してからぬるま湯で洗い流してください。

そばかすに効果がある栄養素

そばかすを消すためには、スキンケアはもちろん普段の食事にも注意する必要があります。

しっかりそばかすを消したい、という方はビタミンCやビタミンEを意識的に食べると良いでしょう。

次からはビタミンCやビタミンEが多く含まれている食材や、具体的な効果などを解説していきます。

ビタミンC

そばかすを消して美白を目指すなら、まずビタミンCは必ず抑えておきたい栄養素です。

ビタミンCにはそばかすの原因となるメラニンの生成を抑え、肌の酸化や老化を防ぐ働きがあります。

以下にビタミンCが多く含まれている食材と、100gあたりに含まれているビタミンC量を表にまとめました。

食材 ビタミンC量(mg)
赤ピーマン 170
黄ピーマン 150
ブロッコリー 120
キウイフルーツ(黄) 140
菜の花 110
キウイフルーツ(緑) 69
イチゴ 62
ネーブル 60
レモン果汁 50

上記のとおり、ビタミンCはピーマンなどの緑黄色野菜やイチゴなどのフルーツに多く含まれていることが分かります。

ただし野菜に含まれるビタミンCは水に溶けやすく長時間茹でてしまうと摂取量が減ってしまうため、なるべくサッと茹でるか揚げる、もしくは生で食べることをおすすめします。

ビタミンE

そばかすを消すしたいなら、ビタミンEも欲しいところです。

というのもビタミンEはビタミンCと組み合わせることでメラニンを無色化する効果があり、肌の新陳代謝も高めてくれるため、美白を目指すにはぴったりの栄養素と言えるでしょう。

ビタミンEが多く含まれている食材としては、アボカドやウナギ、ナッツ類などが挙げられます。

なおナッツ類はおつまみ感覚で食べられるため取り入れやすいですが、油が多く含まれておりニキビの原因にもなります。

そのため美白目的でナッツを食べる際には、なるべくオイルフリーのものを選ぶと良いでしょう。

まずは1週間試してみよう

このページは中学生がお金をかけずにそばかすを消す方法や、しみやそばかすの違い、できる原因などを解説してきました。

そばかすは年々薄くなっていきますが、放置してしまうとしみになってしまいます。

まずは日焼け止めを顔に塗ることと、お米のとぎ汁洗顔を試すことから始めてみましょう。