医療脱毛のローン審査に落ちた…通らない人の特徴と落ちた時の対処法

医療脱毛のローン審査に落ちた

「サロンやクリニックで脱毛するためにローンを申し込んだら、審査に落ちてしまった」という方はいませんか。

実は脱毛のローン審査にはいくつかの審査基準があり、該当しない場合は医療ローンを利用することができないのです。

このページでは脱毛のローン審査に通らない人の特徴や、ローン審査に落ちてしまった時の対処法について解説していきます。

またページの後半では脱毛のローン審査を受ける際の注意点についても紹介していくので、再申し込みを検討している方はそちらも参考にしてください。

脱毛のローン審査に通らない人の特徴

脱毛のローン審査に通らない人の特徴としては、支払い能力がない・未成年・複数のローンに申し込んでいる・携帯料金の分割払いを滞納している・脱毛の料金が年収の3分の1以上の6点が挙げられます。

詳しくは次から見ていきましょう。

支払い能力がない

脱毛のローン審査に通らない人の特徴としては、支払い能力がないことが挙げられます。

ローン会社も慈善事業でお金を貸しているわけではなく、毎月決まった額を長期的に返済できる人にのみ、融資をおこなっています。

例えば水商売・自営業者・アルバイト・派遣社員などは収入の不安定さから審査に落ちてしまう可能性が高いです。

上記に当てはまる方は、毎月の収入を確認してから、医療ローンを再度申し込みましょう。

未成年

脱毛のローン審査に絶対に通らない人の特徴としては、未成年者も挙げられます。

なぜなら未成年者は日本の法律によって一部の契約行為が制限されており、単独で医療ローンを利用できないからです。

なお一部の医療ローンは保証人をつけることで未成年者でも契約できる可能性はありますが、全ての医療ローンが対応しているわけではないため注意しましょう。

年収3分の1以上の借入がある

脱毛のローン審査に通らない人の特徴としては、すでに他から年収の3分の1以上の借入があることも挙げられます。

なぜなら多くのローン会社は「年収の3分の1以上の融資はおこなわない」といった総量規制に基づいて審査をおこなっており、すでに他から年収の3分の1以上を借りていると審査に落ちやすくなります。

ほとんどのローン会社は総量規制を守って融資をおこなっており、将来カーローンや住宅ローンを契約するためにも、年収の3分の1以上を借りている人は脱毛ではなく返済にお金を回した方が良いでしょう。

複数のローンに申し込んでいる

医療ローンの審査に通らない人の特徴としては、複数のローンに申し込んでいることも挙げられます。

なぜなら医療ローンの審査では他社借入残高だけではなく、他社借入件数もチェックされており、目安として3件以上のローンを同時に申し込んでいると審査に通りづらくなります。

ローンの申し込み記録は最低でも半年間は記録されるため、審査に落ちてしまった場合は申込日から6ヶ月以上経ってから再度申し込みましょう。

携帯の分割払いを滞納している

医療ローンの審査に通らない人が陥りがちな落とし穴としては、携帯電話やスマートフォンの分割払いの滞納が挙げられます。

キャリアでiPhoneなどの高額なスマートフォンを購入する場合は12ヶ月や24ヶ月など分割して払う人がほとんどですが、分割払いはれっきとしたローン契約であり、滞納すれば信用情報に傷がつきます。

特に携帯電話やスマートフォンの本体代金を3ヶ月以上滞納している場合は、いわゆるブラックリスト状態になっている可能性が高く、医療ローンを始めとする各種ローンが契約できません。

3ヶ月以上の滞納に心当たりのある方は、再度医療ローンの審査を申し込む前に、CICなどに問い合わせて信用情報を取得しましょう。

脱毛料金が年収3分の1を超えている

医療ローンの審査に落ちてしまう人の特徴としては、脱毛にかかる料金が年収の3分の1を超えていることも挙げられます。

一般的に脱毛サロンやクリニックで全身脱毛をしようとすると、平均20〜40万円はかかるため、医療ローンを利用するためには最低でも60〜120万円前後の年収が必要になります。

医療ローンの審査を再度申し込む前に、自身の年収額をチェックしてみましょう。

ローン審査に落ちた理由は教えてくれないので注意

医療ローンの審査に落ちてしまった時に抑えておきたいポイントとしては、審査に落ちた理由は調べられないという点が挙げられます。

利用しようとしていた脱毛サロン・審査申し込んだローン会社・信用情報を取り扱っているCICのどこに電話を掛けても審査落ちの理由を聞くことはできません。

医療ローンの審査に落ちやすい人の特徴や審査に通りやすくする方法はありますが、医療ローンの審査に落ちた本当の理由を突き止めることは不可能であるため、原因究明はほどほどにして対処法を考えた方が建設的と言えるでしょう。

ローン審査に落ちた時の対処法

医療ローンの審査に落ちた時の対処法としては、記入ミスのチェック・親の同意を得る・使っていない携帯電話やクレジットカードの解約・脱毛にかかる費用を下げるなどの4点が挙げられます。

詳しくは次から見ていきましょう。

記入ミスがなかったかチェックする

医療ローンの審査に落ちてしまった場合は、まず単純な記入ミスがなかったかチェックしましょう。

サロンで医療ローンの申し込み用紙に記入した場合は写しが手元にあるはずですし、ネットから申し込んだ場合は申し込み内容に関する確認メールが届いています。

例えば住所の番地や年収の額などは間違いやすく、審査落ちの原因になりやすいため念入りにチェックしておきましょう。

未成年は親の同意を受ける

未成年者で医療ローンの審査に落ちてしまった場合は、親の同意を受けてください。

医療ローンの審査で必要になる同意書などは、ホームページからダウンロードできる場合が多いです。

ただし勝手に親の名前でサインしたり、同意書を偽造すると後々訴えられる可能性があるため、必ず相談して同意を得ましょう。

使わない携帯電話・クレジットカードを解約する

すでに他社借入がある人は、携帯電話やクレジットカードを整理して、使っていないものがあれば解約してしまいましょう。

特にクレジットカードのキャッシング枠は利用していなくとも、限度額が他社借入額としてカウントされてしまうため、チェックが必要です。

ただし一度解約したクレジットカードを再度使えるようにするためには、再契約が必要になるなど手間がかかるため、間違って公共料金の引き落としに使っているカードを解約しないようにしましょう。

料金を安く抑える方法を考える

脱毛の医療ローンの審査に落ちてしまった場合は、脱毛にかかる費用を抑えられないか検討してみましょう。

例えば医療クリニックよりも脱毛サロンの方が料金は控えめですし、同じ脱毛サロンでもプランやキャンペーンをうまく使えば、数万円単位で費用を抑えることができます。

また脱毛にかかる料金全てをローンで賄うのではなく、足りない分だけ医療ローンを使うなどの工夫をするとぐっと再審査に通りやすくなります。

ローン審査を受ける際の注意点

ここからは脱毛の医療ローン審査を受ける際の注意点をQ&A方式で解説していきます。詳しくは次から見ていきましょう。

契約した口座と違う名義で引き落とし可能?

基本的に医療ローン契約で使える口座は、契約者の名義口座のみです。

しかし一部の医療ローンや返済能力が高く評価された場合は、親名義の口座から引き落とすように設定できます。

社会人になるまでは親名義の口座を使わせてもらう、といったこともできるため、詳しくは医療ローン会社に問い合わせてみましょう。

支払いを滞納したら施術は継続できない?

医療ローンを締結した時点で脱毛にかかる料金は全額ローン会社が支払っているため、延滞していても施術は受け続けることができます。

延滞情報はサロンやクリニックには漏れないため特に何か言われることはありませんが、ローンの延滞は信用情報に傷がつく・給料などを差押えられるなど、デメリットしかありません。

なるべく延滞しないように、きちんと期日を守ることをおすすめします。

ローン契約は途中で解約可能?

医療ローン契約は基本的にどのタイミングであっても自由に解約することができます。

ただしローン契約の内容によっては解約手数料がかかったり、返金に条件が設定されているケースも多いため、解約前に規約を確認しておきましょう。

ローンの支払いは途中変更可能?

一般的な医療ローンであれば契約途中であっても、支払い方法は自由に変更できます。

「月々の分割料金を上げたい・下げたい」「ボーナスがある月は集中的に返済したい」など個別的な対応が受けられるケースも多いため、まずはローン会社に相談してみましょう。

なおローン会社に相談する際には、お客様番号や身分証明書を手元に用意しておくと手続きがスムーズです。

脱毛の医療ローンの審査に落ちるのは珍しくない

このページでは脱毛の医療ローンの審査に落ちてしまう人の特徴や、対処法などを解説してきました。

脱毛の医療ローンの審査基準は多く、他社借入や延滞などが原因で審査に落ちてしまった場合、すぐに改善するのは難しいです。

そのため医療ローンの審査に落ちてしまった方は、貯金をしてから脱毛する・月給で払える安い脱毛サロンを探すなど、医療ローンを使わない方法も検討してみましょう。