脱毛したいけど親に言えない…未成年の学生は親の同意書が必要?親バレせず通う方法・反対の親を説得する方法はある?

脱毛したいけど親に言えない

高校生や未成年の学生でも女の子ならムダ毛の悩みを持っているはずです。

脱毛したいけど未成年でもできるのかな、、、親の同意書は必要なの?と疑問に思って踏み出せずにいる方々も少なくありません。

そんな脱毛に関する疑問を解決していきます。

大学生ってみんな脱毛してるの?学生のリアルな脱毛事情

脱毛したい学生の悩みを紹介

実際のところ、ムダ毛に悩んでいる人は多いです。中には、人から指摘されることで心に傷を負うこともあります。

以下に、脱毛したい学生の悩みを紹介します。

体験談➀男子にからかわれて…

脱毛さえできれば悲しい思いをせずに済んだ

中学2年生 女子

美術の時間に、隣の席同士で顔を描き合う授業がありました。私の顔のひげが濃く描いてあり、とても悲しい思いをしました。

絵を描いた子も、悪気があったわけではなく申し訳なさそうにしていましたが、ひげまで細かく書かないでほしいですね。

他の男子が絵を見てからかってきたので、さらに悲しい気持ちに。それ以降、鏡でひげのチェックが欠かせなくなりました。

今では脱毛したくてしょうがないです。ひげさえ生えてこなければ悲しい思いをせずにすんだのに、と今でも思っています。

体験談②プールの授業で恥ずかしい

ムダ毛が見つかったら終わりだと思う

高校1年生 女子

毎年プールの授業がつらいです。デリケートゾーンの処理が大変で、自分で剃りにくい部分に苦労させられています。

それでも、毛がはみ出ることだけは避けたいのでムダ毛を処理していますが、カミソリで肌が荒れてしまうことが悩みです。

友達はVIOの処理をしたことがない人も多く、自分と毛の量を比較して落ち込みます。これからもムダ毛の処理すると考えるだけで憂鬱です。

しかし、脱毛をすれば毛の悩みがなくなり、気持ちも明るくなると思います。なんとかして親を説得したいと考えています。

体験談③半袖を着るときにワキが気になる

自己処理に限界を感じる

高校3年生 女子

中学生あたりからワキに毛が生え始めて、きれいに剃れないことが悩みです。ワキを剃ると黒いボツボツができてしまいます。

近くで見ると目立つため、電車の吊革に捕まりたくないですね。いつもカーディガンでワキを隠さないと不安になります。

他には、体育の授業で半そでを着るときも安心できません。人の視線が怖くて運動どころではないですね。

早く脱毛をして、ノースリーブのワンピースを着てみたいです!おしゃれのために毛はなくなったほうがいいと思います。

未成年でも脱毛サロンに通えるの?

ほとんどの脱毛サロン、クリニックで未成年の学生でも脱毛することはできます!

ただし、未成年の場合は親の同意書が必要になりますが、親の同伴は必要ありません。

近年は未成年でも脱毛に挑戦しやすくなっています。思い切って脱毛デビューしましょう!

未成年の脱毛は条件付きの場合もある

未成年の脱毛には親の同意書の提出や年齢制限を設けているサロンやクリニックが多くあります。

また、契約をする前には、親御さんの電話確認ができるかどうか・カウンセリングに親の同伴ができるのかという条件も出てきます。

未成年の場合、ローン支払いやクレジット払いで支払うが癖が多いですが、このような支払い方は親の確認が必ず必要になります。

脱毛サロン・クリニックによっては生理が2回以上来ているか、生理の周期が安定しているか、などの独自の条件がある場合も。

円滑に脱毛を行えるように、契約前に通いたい脱毛サロン・クリニックの条件を確認していきましょう。

未成年の脱毛は親の同意書が必要

どの脱毛サロン・クリニックにも親の同意書は必要になります。

未成年が脱毛ヲの契約をするときに提出する同意書は、脱毛を受ける未成年の学生の安全を、お店側の安全性を示しものなのです。

同意書は法律で定められていて、トラブルを防止するためにもあります。

未成年の脱毛の契約にはなぜ親の同意書が必要?

未成年が保護者の同意なしに脱毛の契約をした場合に、契約を取り消したくなったときに契約を無効にできるという、消費者保護の条例があります。

そのため未成年の親の同意なしに舌契約は、脱毛サロン・クリニック側には損失になってしまうことがあるのです。

安い金額の脱毛サロン、医療クリニックでも、お店側のモラルを問われてしまうこともあるので、必ず親の同意書は必要になります。

同意書は自分で書いたらダメ?

親の字を真似して、印鑑も持っているし親に内緒で同意書書いちゃおう!なんてことを思ってはいけません。

もし親に内緒で同意書を書いてしまったら、契約していた料金が払えなくなった場合や、親にバレてしまったときに様々なトラブルにつながってしまいます。

契約していたお金が払えなくなった時、解約時に伴う返金、脱毛による肌のトラブル…。

このようなトラブルが起こると保護者へ連絡が行くことになります。

同意書を自分で書くという行為は「公文書虚実記載」という犯罪行為になってしまいます。

1年以上10年以下の懲役を科せられてしまうので絶対にいないようにしましょう。

親に脱毛の許可をもらう方法

学生だと 夏の体育の時間や、おしゃれをしたいときなど、肌を出すタイミングはたくさんありますよね。

毎回の毛の処理が面倒くさいし、剃り残しがあたら恥ずかしいし、、、

そんな悩みを解決するためには脱毛が一番楽にツルすべ肌を手に入れることができます。

脱毛をしたいのに親の許可をもらえなくて困っている方も多いのではないでしょうか?

これから脱毛に反対している親御さんを説得してスムーズに脱毛を行えるように、反対される理由別に説得の方法をお教えします!

「料金が高い」に対する説得方法

親に、料金が高いからという理由で脱毛を反対されたらなるべく自己負担をするか、価格の安い脱毛サロンを狙って提案しましょう!

親御さんのが若いときはいまボド脱毛にかかる金額が安いわけでは無かったため、昔の料金のイメージが定着してしまっているかも知れません。

現在の脱毛にかかる価格帯を親御さんに伝えて、もしアルバイトをしているなら、自分が貯めたお金で脱毛料金を負担する!と説得すれば脱毛の許可をもらえやすくなります。

アルバイトをしていない場合でも毎月のお小遣いで負担する、お年玉を脱毛代にするなど、親御さんの悲嘆を減らせるような説得をしてみてはいかがでしょうか?

また、脱毛サロン・クリニックの中には1000円以下でお試しができたり、激安のプランがあったり、手軽に脱毛ができるお店もあります。

価格の安いお店を上手に使って親御さんを説得してみましょう。

「(年齢的に)まだ早い」に対する説得方法

親御さんに「まだ10代だし、脱毛は早すぎるんじゃない?」と言われたら周りの脱毛事情を伝えて説得しましょう。

40~50台の親御さんくらいの世代ではまだ脱毛が現在ほど一般的ではありませんでした。

そのため、娘が10代で脱毛なんて、、、大丈夫なの?と不安になっているかも知れません。

そんなときは、10代での脱毛は一般的になってきていることや、友達や、周りの人にも脱毛に通っている人が増えていることなどを伝えて説得してみませんか?

未成年の脱毛も一般的になってきていることを伝えてみましょう!

「危ない」に対する説得方法

「脱毛は肌トラブルが起きそうで危なくない?」と、親御さんに言われてしまうかもし。れません

そんなときは、テスト照射をしてみて、再検討をすることを伝えてみましょう。

ほとんどの脱毛サロン・クリニックでは肌に合うかどうか確かめるために契約前に照射テストを行っています。

照射テストの結果見て、ダメだったら諦めるから!と説得してみればいかがですか?

おが五段に実際の体験を話して説得すると許可ももらいやすいですよ。

「気にしすぎ」に対する説得方法

ムダ毛で悩んでいることを説明しましょう。学校であった嫌な出来事や、傷ついていることを説明することが大事です。

実際に、ムダ毛で悩む人は多いです。また、毛をからかわれてコンプレックスになり、心に傷を負う場合もあります。

脱毛したい気持ちを伝えるだけでは不十分です。毛の処理で悩みを抱えて苦しんでいることを説明すると、話を聞いてもらいやすくなります。

全く相手にされない場合の説得方法

どうしても脱毛に取り組みたい場合は、アルバイトでお金を稼いで費用を払うと宣言すると、脱毛に対して真剣に考えていることが伝わりやすくなります。

他には、ムダ毛処理をすると肌荒れがひどくなったり、炎症を起こしやすい体質であることも親を説得しやすくなります。

なにより、本人が深刻に悩んでいることが重要です。親は子供の気持ちを見抜きやすいため、しっかりと向き合う姿勢を忘れてはいけません。
親を説得したらどこで脱毛を行えばいいの?

医療クリニックと脱毛サロンで、施術の内容は異なります。どちらもメリットとデメリットがあり、事前に内容を把握することは大切です。

以下に、医療クリニックと脱毛サロンについて紹介します。

医療クリニック(レーザー脱毛)

医療クリニックで行う脱毛は医療行為です。脱毛の効果が高く、スベスベの肌になるメリットを得られます。

また、少ない回数で脱毛が終わるため、早めに脱毛を完了させたい人におすすめです。短い期間で毛が生えにくくなることを実感できるでしょう。

しかし、脱毛の効果が高いことで施術に感じる痛みは強くなります。学生の肌は敏感なこともあり、強い刺激は避けたいところです。

もちろん子供の肌に害がないように配慮してくれますが、リスクがなくなるわけではなく、不安になる要素がなくなるわけではありません。

ただし、医療機関で脱毛を行うこともあり、万が一トラブルが起こった際に対応できる環境が整っています。

なにより医療クリニックの安心感は大きなメリットです。親や自分自身が不安になりやすい人は、医療クリニックの脱毛をすすめることをおすすめします。

しかし、脱毛は保険適用外の医療行為にあたるため、費用が高額になる点に注意が必要です。

脱毛サロン(光脱毛)

脱毛サロンは痛みが少ない施術を受けることができ、学生でも取り組みやすい施術内容といえます。

学生の肌は敏感なため、強い刺激は避けたほうがよいです。医療クリニックと違い、肌荒れや炎症を起こす可能性も低いです。

また、施術費用が安いメリットもあり、アルバイト代だけで脱毛を受けられます。学生プランを用意しているサロンも多く、お得に契約ができるでしょう。

しかし、痛みが少ない分脱毛の効果は低くなります。脱毛の効果が出るまで時間がかかってしまいます。

他にも、日焼けをした状態で施術を受けられないサロンも多く、学生生活を送りながら脱毛を行う条件を満たさなければいけません。

例えば、学校生活は体育の授業やプールなど、日焼けを避けられない状況になりやすいため注意が必要です。

脱毛の効果を得るために、サロンで長期の取り組みになります。日常生活から日焼け対策など、施術を受けるための工夫をしましょう。

未成年の全身脱毛におすすめの脱毛サロン・クリニック

多くの未成年の方々が脱毛サロン・クリニックをエヴァぶち気に注目しているポイントは

全身脱毛の価格が他のお店よりも安い点

学割などのキャンペーンが豊富な点になります。

脱毛サロン・クリニックでは、脱毛サロンのほうが相場が20万円前後と、比較的お手頃になっています。

手軽にチャレンジできるので脱毛費用を抑えたい学生さんにおすすめです。

学生にもおすすめ!値段が安い脱毛サロン・クリニック

未成年の方々はまだ働いていないためお金がないことが多いですよね。

できるだけ安く脱毛をしたいと考える人も多いのではないでしょうか。

そんな方々におすすめの脱毛サロン・クリニックを紹介します。

ストラッシュ

ストラッシュの基本情報

ストラッシュ
料金(全身脱毛) 顔やVIO脱毛を含む61箇所
対象部位 全身53箇所(顔・VIOを含む)
美肌ケア オプション
予約の取りやすさ ×平日でもなかなか取れない
  • 痛みの少ないSHR脱毛
  • 施術にかかる時間が短くてスピーディ
  • 料金体系がわかりやすくて安心

回数性だけでなく都度払いや無制限通い放題コースなどがあります。

顔やVIOを含む全身6回コースで95760円と、どこのサロンよりもお得です。

ストラッシュの脱毛の口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

フレイアクリニック

フレイアクリニック

脱毛クリニックの中では最安値レベルのクリニックです。

全身21箇所5回15万8千円ととても安いのですが、学割を使うと5000円から25000円もお得になります。

キャンペーンが豊富!リーズナブルに通える脱毛サロン・クリニック

脱毛はキャンペーンを使うと通常の料金より大幅にやすくなることも。

書かだはただ安いだけではなくお得感があるキャンペーンを行っている脱毛サロン・クリニックを紹介します。

銀座カラー

銀座カラーの基本情報

銀座カラー
料金(全身脱毛6回コース) 月額3,300円~
対象部位 全身24箇所(顔を含む)
美肌ケア あり
予約の取りやすさ 〇91%が希望日に初回施術できる
  • スタッフの接客が丁寧
  • スピーディかつ効果の高い施術が期待できる
  • 店舗数が多く予約が取りやすい

いろんな割引が併用でき、学割・祝割・お友だち割などを組み合わせると、通常より数万円もお得になります。

銀座カラーの口コミ・評判まとめ!利用者の声から分かったメリット・デメリット

リゼクリニック

リゼクリニック

コチラも学割とペア割が併用でき、あわせると30%割引になります。

通常の全身脱毛コースの298,000円が30%割引で208,600円になるので、
なんと89,400円もオトクになります!

脱毛を行うリスクは?

脱毛を行うと毛が生えにくくなるメリットを得られます。しかし、学生が行う脱毛にはリスクがあるため注意が必要です。

以下に、思春期に行う脱毛のリスクを2つに分けて説明します。

肌を傷つけることがある

10代女性で日焼けした肌は、脱毛のレーザーが反応してヤケドをするリスクがあります。他には炎症が起きることがあり、施術の安全が保証されているわけではありません。

また、毛の濃さや皮膚の色で反応が異なるため、施術前に肌の診断を行う必要があります。

カウンセリングで施術内容を判断し、自分の肌を傷つけるリスクを抑えましょう。

大人に比べて脱毛の効果が低い

思春期の学生は、大人に比べると脱毛の効果が低いです。なぜなら、ホルモンバランスが乱れやすい期間だからです。

個人差はありますが、排卵や生理が安定する時期は15~18歳なので、高校生から脱毛を行うといいでしょう。

そもそも、脱毛は毛周期に合わせて施術を行うため、ホルモンバランスが安定しない成長期は効果が低くなります。

他には、脱毛を行っても生え変わることもあり、大人に比べて脱毛の回数や期間が長くなることは避けらないでしょう。

親を説得して一足先にムダ毛の悩みにサヨナラしよう

目青年の学生の方々は親の同意書がないと脱毛サロン・クリニックに通うことが出来ません。

親御さんも納得して脱毛を行えるように、契約の前に一度カウンセリングに行くのもおすすめです。

早くツルすべ肌を手に入れるためにも、支払い方法や安全性を理解してもらって気持ちよく脱毛を行いましょう!