乳首・乳輪脱毛の脱毛ってどこまでできる?気になる脱毛範囲とメリット・脱毛に伴うリスクをご紹介

乳首・乳輪の脱毛

海やプールに出かければ水着で、温泉に行けばタオルを巻くのであまり目立つことがない乳首・乳輪の自己処理を怠っていませんか?

自分は生えていないと思っていても、実は薄っすらとムダ毛が生えていることが多いのです。

生えているのなら自己処理に取り掛かるのが自然ですが、乳首・乳輪は他の部位に比べてデリケートな部位になるので、自己処理はおすすめしません

でも乳首・乳輪の脱毛を行えば、自己処理の頻度を軽減できるだけじゃなく、美しいバスとラインをも手に入れられます

そこで今回は、乳首・乳輪の脱毛の施術範囲とメリット、脱毛を行うならココ!というおすすめクリニック・サロンをご紹介します。

乳首・乳輪脱毛の施術範囲

乳首乳輪脱毛施術範囲

ここでは乳首・乳輪脱毛で気になる施術範囲と施術に伴うリスクをご紹介します。

乳輪の周辺ギリギリまでが施術範囲

乳首・乳輪脱毛の施術範囲は、主に「乳輪周りに生えているムダ毛」を中心に脱毛をしていきます

基本的に「乳輪の周辺ギリギリ」までが施術対象範囲になります。

とはいえ、クリニック・サロンによって施術方法補が異なれば、施術範囲も変わってきます。

たとえば、美容電気脱毛(ニードル脱毛)で乳首・乳輪の脱毛を行っていく場合、乳首・乳輪内側の色素を気にすることなく内側まで脱毛ができます。

また医療レーザー脱毛の「蓄熱式脱毛方式」を使用した場合も、乳首・乳輪の色素脇にすることなく脱毛ができます。

Check
乳首・乳輪脱毛の施術可能範囲
  1. 光脱毛:乳首・乳輪内側を除いた周りのみ
  2. 蓄熱式脱毛方式:乳首・乳輪の内と外周辺
  3. 美容電気脱毛:乳首・乳輪の内と外周辺

皮膚色素が濃い内側を施術対象外にしている理由

乳首・乳輪脱毛を含め、他の脱毛でも使用される脱毛機器の多くが、毛が持つメラニンに反応して熱エネルギーを照射します。

しかし乳首・乳輪の内側とその周辺に生えている毛の多くが、メラニン色素が薄く、脱毛効果が見られにくい「産毛」です。

産毛を処理していく場合、高出力で照射しなければ産毛を処理しきれません。

この時注意しなければならないのが、乳首・乳輪の色素が濃い人ほどレーザーが色素を誤認してやけどを負ってしまうリスクがあります。

このリスクを避けるため、光脱毛や一部の医療レーザー脱毛では乳首・乳輪の内側を施術対象外にしているのです。

乳首・乳輪脱毛を行うメリット

乳首乳輪脱毛メリット

ここでは、乳首・乳輪脱毛を行うメリットを3つご紹介します。

自己処理を行う必要がなくなる

脱毛を行う「自己処理を行う必要がなくなること」です。

人に見せる機会があまりない部位でも、産毛が気になれば自己処理をしてきれいな状態をキープします。

しかし、腕や足などに比べて周辺の皮膚は、とてもデリケートで傷つきやすいです。

電気シェーバーを用いて行っても、下手に処理して傷でもつけてしまえば、そこから炎症を起こしたり色素沈着で色が濃くなってしまうこともあります。

脱毛を行えば、自己処理失敗による場トラブルを回避できるほか処理にかけていた時間や手間を軽減できます。

乳首・乳輪のトーンアップにつながる

「乳首・乳輪周りに生えている産毛を処理しても、そんなに変わらないのでは?」と思われますが、大量の産毛を処理することで、乳首・乳輪周りの色味をワントーン明るくできます

さらに脱毛で自己処理の頻度も減らせるので、女性らしい綺麗なバストも手に入ります。

男女間の交わりに不安がなくなる

恋人といい雰囲気になったとき、ふと、「ムダ毛の処理はしていたかな?」と不安になったことがありませんか?

処理していなかったため、ことに集中できなかったり、雰囲気そのものが悪くなったという経験をしたことがある方もいるでしょう。

でも、乳首・乳輪脱毛を行っていれば、ムダ毛の心配をする必要がなくなります。

加えて、今まで抵抗があったことも、積極的に行えたりします。

乳首・乳輪脱毛の効果と施術回数

乳首乳輪脱毛回数

乳首・乳輪脱毛をクリニック・脱毛サロンのいずれかで受けた場合、施術方法はもちろん、脱毛効果が見られるまでの必要施術回数及び施術期間は違います。

以下は、それぞれで施術を受けた時、効果が見られるまでかかる施術回数と通院期間です。

医療脱毛 脱毛サロン
自己処理が楽になる 施術回数:2~3回
通院期間:6ヶ月
施術回数:5~6回
通院期間:1年
毛の濃さに変化が出る 施術回数:4~6回
通院期間:8ヶ月
施術回数:8~12回
通院期間:1.5年~2年
ツルツル美肌 施術回数:6~8回以上
通院期間:1年以上
施術回数:12~20回
通院期間:3年以上

それぞれで3パターンの効果を目的に乳首・乳輪脱毛を行った場合、医療脱毛の方が脱毛サロンの半分以下の回数及び期間で脱毛が完了します。

また1回当たりの施術料金で見た時、低価格で施術が受けられるのは脱毛サロンになります。

ただし、施術回数が増えれば増えるほど、その料金は医療脱毛の5~6回分に相当します。

脱毛サロン(エステ)と医療脱毛クリニックを徹底比較!効果・料金・口コミを比べて分かったこと

乳首・乳輪脱毛で気を付けておくこと

乳首乳輪脱毛気を付けること

ここでは乳首・乳輪脱毛を受けていく中で気を付けておくことを3つご紹介します。

乳輪の中心部は色素が濃いため基本施術範囲外

乳首を含め乳輪の中心部分は、他の部位に比べて色素が濃く沈着しているため、光脱毛や一部の医療レーザー脱毛では施術範囲外にしています。

理由は、脱毛機器の誤反応によるやけどなどの肌トラブルを避けるためです。

もし乳首・乳輪脱毛で色素が濃い部分、乳首ギリギリまで脱毛を行いたいという方は、美容電気脱毛で施術してもらえるところか、蓄熱式脱毛方式など肌質を問わず対応できる医療クリニックを中心探してみるのがおすすめです。

ニードル脱毛(針脱毛)は効果が高い!どれくらい痛い?料金はいくらかかる?

術前の処理で傷を付けたら施術ができない

乳首・乳輪周辺の肌は、他の部位に比べて皮膚が薄く非常にデリケートです。

もちろん脱毛を行うとなれば、術前の自己処理が欠かせません。

もし自己処理で肌を傷つけてしまうと、その部位だけ施術が行えず、他の部位との脱毛効果の見られ方にバラつきが生まれます。

乳首・乳輪周辺に生えている産毛を処理するときは、顔用の電気シェーバーを用いて行うのがおすすめです。

電気シェーバーは、刃が肌に当たらないので、乳首・乳輪などのデリケートな肌に生えている産毛を処理するのに適しています。

また自己処理後は、保湿ケアをして施術に備えましょう

硬毛化・増毛化のリスクがある

乳首・乳輪の脱毛を進めていく過程で、処理しきれなかった産毛の毛根が活性化して毛が硬毛化したり、増毛化したりすることがあります

脱毛期間中にもし産毛が硬毛化・増毛化した時は、通院中のクリニック・サロンに相談するのがおすすめです。

脱毛したら毛が濃くなる?硬毛化・多毛化のリスクに注意

乳首・乳輪脱毛を受けるならココ!おすすめクリニック3選

乳首乳輪脱毛おすすめクリニック

ここでは乳首・乳輪脱毛を受けるならココ!というおすすめクリニックを3つご紹介します。

1位:湘南美容外科

乳首・乳輪脱毛プランの基本情報

湘南美容クリニック

 

施術プラン Sパーツ部分脱毛
施術範囲 乳輪周辺
(乳輪内側は照射範囲外)
施術料金 6,180円/1回
17,730円/3回
29,280円/6回
脱毛方式 熱破壊式アレキサンドライトレーザー脱毛機

湘南美容外科で乳首・乳輪脱毛のみにこだわって脱毛を行うなら、「部分脱毛プラン」がおすすめです。

乳首・乳輪は、脱毛面積が狭いので、Sパーツに区分されます。

脱毛施術1回の料金が、6,180円という医療脱毛の中ではかなり安い価格で受けられます。

しっかり効果が出る施術6回コースでも約3万円で施術が受けられます。

ただし、色素が濃い乳輪内側は施術対象範囲外になります。

湘南美容クリニックの脱毛の口コミ・評判は悪い?効果・料金を実際に通って確かめた結果を紹介

2位: クレアクリニック

乳首・乳輪脱毛プランの基本情報

 

施術プラン 両乳輪脱毛
施術範囲 乳輪周辺
(乳輪内側は照射範囲外)
施術料金 6,050円/1回
27,060円/5回
38,390円/8回
脱毛方式 熱破壊式ダイオードレーザー脱毛機

クレアクリニックでは、顧客ニーズに合わせて全身脱毛と部分脱毛が選択できます。

その中で、乳首・乳輪脱毛にこだわって脱毛したい方は、部分脱毛プランの1つになる「両乳輪脱毛」がおすすめです。

たとえば自己処理を少しでも楽にされたい方は当プランの施術5回、自己処理の軽減及び美乳効果を萌えたいという方は施術8回コースを選択されるのがおすすめです。

また乳輪内側の照射はやけどリスクがあるので、対象外にしています。

とはいえ、色素の色味は個々人で異なります。

どうしても内側も脱毛したいという方は事前診察を受けた後、医師の判断で照射します。

気になる方は、カウンセリングの時に相談しましょぅ。

3位:フレイアクリニック

乳首・乳輪脱毛プランの基本情報

フレイアクリニック

 

施術プラン 胸脱毛
施術範囲 鎖骨からアンダーバスト
(乳輪込み/内側対象範囲内)
施術料金 24,200円/1回
63,800円/5回
101,200円/8回
脱毛方式 蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機

フレイアクリニックでは、鎖骨からアンダーバストにかけた「胸全域」に及ぶ部分脱毛で乳首・乳輪脱毛が行えます。

当クリニックの施術料金は、照射範囲が広い分少々高めに設定されています。

しかし脱毛方式では、毛質・肌質を問わず照射できる「蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機」を施術で使用します。

つまり、蓄熱式なら色素が濃くやけどの恐れがあった乳輪内側のムダ毛処理も可能になります。

乳首・乳輪脱毛を受けるならココ!おすすめサロン3選

乳首乳輪脱毛おすすめサロン

ここでは乳首・乳輪脱毛を受けるならココ!というおすすめサロンを3つご紹介します。

1位:エステティックTBC

乳首・乳輪脱毛プランの基本情報

エステティックTBC

 

施術プラン TBCライト脱毛チョイスプラン
(Sパーツ)
施術範囲 乳輪周り
施術料金 6,600円/2回
14,850円/6回
41,184円/18回
脱毛方式 光脱毛

なるべく施術の痛みを軽くして進めていきたいという方には、エステティックTBCの「TBCライト脱毛」の「チョイスプラン」がおすすめです。

筑肥・乳輪のみにこだわって脱毛したいという方には、「Sパーツチョイスプラン」、乳首・乳輪のみならず「胸全域」を脱毛したい方には「Lパーツチョイス脱毛」がおすすめです。

また乳輪内側の産毛も処理したいという方は、「TBCスーパー脱毛」がおすすめです。

こちらのプランでは、美容電気脱毛(ニードル脱毛)という脱毛方法で毛を1本ずつ処理していきます。

色素の影響でできなかった内側の脱毛も、美容電気ならたやすく処理できます。

ただし施術中の痛みが激しいので、ご注意ください。

2位:ラココ

乳首・乳輪脱毛プランの基本情報

ラココ

 

施術プラン 部分脱毛
施術範囲 乳輪周り
(内側対象外)
施術料金 1箇所3,300円×回数
(Sパーツ)
脱毛方式 光脱毛

乳首・乳輪脱毛にこだわって脱毛を済ませたい方におすすめなのが、ラココの部分脱毛です。

ラココでは、脱毛範囲の面積に応じてSパーツとLパーツのそれぞれに分けて、1回当たりの料金を設定しています。

今回のように乳首・乳輪脱毛にこだわって脱毛していきたい方は、「部分脱毛Sパーツ: 乳輪周り」を選択しましょう。

Sパーツの施術料金は、1回当たり3,300円で受けられます。

たとえば求める脱毛効果が「自己処理が楽になる」までを目標にするなら、6~8回を目安に脱毛するのがおすすめです。

その時の料金は19,800円~26,400円します。

ラココは脱毛効果あり?口コミ・評判と通いやすさ・勧誘の有無を徹底解説

3位:ジェイエステティック

乳首・乳輪脱毛プランの基本情報

ジェイエステ,両ワキ脱毛完了コース

 

施術プラン 胸脱毛
施術範囲 乳房全体
(鎖骨・胸元・乳輪を除く)
施術料金 5,500円/1~3回
4,290円/8~16回
脱毛方式 光脱毛

ジェイエステの魅力は、施術プランの中身とその回数を利用者自身が設定できることです。

他のサロンでは満足いくまで施術が受けられる「通いたい放題」プランを取り扱っていますが、前もって決められた施術プランでの利用しかできません。

しかしジェイエステでは、利用者側が施術プランと通いたい回数を決められます。

その点を踏まえると、部位別で気になるムダ毛を完璧に処理できるまで通いたい方におすすめです。

ジェイエステティックの脱毛の口コミ・評判は悪い?脱毛効果と通いやすさ・勧誘の有無を徹底解説

乳首・乳輪脱毛で気になるQ&A

乳首乳輪脱毛Q&A

Check
乳首・乳輪脱毛で気になるQ&A
  1. 乳首・乳輪脱毛ってやっぱり恥ずかしい?
  2. 施術の痛みはどれくらい強い?
  3. 術前の自己処理で気を付けることはある?

Q.乳首・乳輪脱毛ってやっぱり恥ずかしい?

A.タオルなどの工夫を凝らして施術を行いますので心配ありません。

乳首・乳輪脱毛を始めてされる方の多くが他人の前で出すということに抵抗を感じます。

しかし施術回数を重ねていくにつれて、徐々に慣れていきます。

Q.施術の痛みはどれくらい強い?

A.皮膚が薄いので痛みを感じやすいです。

乳首・乳輪脱毛は他の部位に比べて非常に施術範囲が狭いため、ごく短時間で終了します。

そのため、痛みを感じる間もなく終わっていることが多々あります。

どうしても痛みが気になるという方は、カウンセリングの時に相談しましょう。

医療脱毛ってやっぱり痛いの?痛いと感じる原因・痛みを軽減する方法をご紹介

Q.術前の自己処理で気を付けることはある?

A.術前の自己処理は必ず「顔用の電気シェーバー」を用いて行いましょう。

乳首・乳輪周りの肌は他の部位に比べて薄く、ちょっとしたことで簡単に傷付きます。

術前の自己処理は、刃が肌に当たらない顔用の電気シェーバーで行うのがおすすめです。

自己処理後は、保湿ケアをして施術に備えましょう。

保湿ケアには、施術中に感じる痛みを軽減できる効果があります。

初めての脇脱毛はどんな準備が必要?自己処理の方法・服装の注意点を解説

乳首・乳輪脱毛を受けて魅惑のバストを手に入れよう!

乳首乳輪脱毛まとめ

他の部位に比べて乳首・乳輪周りの脱毛はしなくてもいいと思っている方が多いですが、脱毛することで得られる効果・メリットは多々あります

今まで乳首・乳輪周りのムダ毛を自己処理してきたという方も、クリニック・サロンで乳首・乳輪脱毛を行えば、処理の頻度が減らせて肌へのダメージもなくなります

これから乳首・乳輪の脱毛を始めてみようと思っている方は、ぜひ1度クリニック・サロンでカウンセリングを受けてみましょう。