Oライン脱毛の体勢とは?恥ずかしさや服装・当日の流れを解説

Oライン脱毛の体勢

「生理や排泄する時に不衛生だからOラインを脱毛したい!」と考えている方も多いでしょう。

しかしOラインは普段人に見せない肛門周りのデリケートな部位ですし、脱毛を受ける時にどういった体勢になるかが気になりますよね。

結論から言うとOラインを脱毛する際には、うつぶせの状態でショーツを少しずつずらしながらおこなわれます。

このページではOラインを含めたVIOラインを脱毛する時の体勢や、Oライン脱毛が恥ずかしくないと言える理由を解説していくので、そちらも参考にしてください!

【2021年最新】Oライン・お尻脱毛におすすめのサロンランキング!人気サロンの口コミ・評判を比較

VIO脱毛の体勢

まずはVIOラインを脱毛する時の体勢を見ていきましょう。

なおVIOラインを脱毛する際には施術スタッフから声を掛けられながらおこなわれるため、体勢を維持するのが難しいという場合は、気軽に施術スタッフに相談することをおすすめします。

また以下より紹介するのはあくまでも一例であり、脱毛サロンやクリニックによっては違う体勢で施術がおこなわれるケースもあるため、注意しましょう。

Oライン脱毛はうつぶせの体勢でおこなわれる

まずOライン脱毛時の体勢ですが、施術着である紙のショーツを脱いだ状態でうつ伏せになり、片足のヒザを曲げた状態でおこなわれます。

横向きの状態で施術をおこなう脱毛サロンやクリニックもありますが、一般的にはうつ伏せや四つん這いになり、お尻のお肉をずらしながら照射していく場合が多いでしょう。

Vライン脱毛は仰向けで足を開いた体勢でおこなわれる

一般的なVライン脱毛では仰向けになった状態で、紙のショーツを少しずつずらしながら施術がおこなわれます。

ただしVラインを特定の形にするデザイン脱毛などを希望している場合は施術時の体勢が異なり、完全に無毛(ハイジニーナ)にする場合は、紙のショーツを脱ぐようにお願いされることもあるでしょう。

また紙のショーツを脱いだ状態でタオルやガウンを巻いて照射をおこなうなど、Vライン脱毛はサロンやクリニックによって特に取り扱いが異なる部位であるため、不安な方はカウンセリングの際に聞いておくことをおすすめします。

Iライン脱毛は片方のヒザを曲げた状態でおこなわれる

Iライン脱毛では仰向けになり、片足を立て横に倒した状態で左右に分けて片方ずつ照射していきます。

Iラインは性器周辺のデリケートな部位ということもあり足を開くことを躊躇してしまう方も多いですが、サロンやクリニックのスタッフは仕事の一環として坦々と施術をおこなうため、過度に気にする必要はありません。

また恥ずかしさからきちんと指示とおりの体勢になれないと照射漏れができてしまう可能性もあるため、VIOラインを脱毛する際には割り切って施術を受けることをおすすめします。

Oライン脱毛が恥ずかしくない理由

ここまでOラインを含むVIOゾーンを脱毛する際の体勢について解説してきましたが「どうしても恥ずかしい!」と感じる方がほとんどでしょう。

しかし多くの女性がデリケートゾーンの脱毛を恥ずかしいと感じていることは、脱毛サロンやクリニックも把握しており、少しでも恥ずかしさを軽減する様々な工夫が取られています。

ここからはOライン脱毛が恥ずかしくない理由を紹介していきましょう。

スタッフは何人もの患者を担当している

Oライン脱毛を恥ずかしいと思わなくて良い一番の理由は、施術スタッフは皆脱毛のプロである、という点です。

脱毛サロンやクリニックで働いている方は仕事の一環で施術をおこなっており、大手ならば何十人から何百人ものVIOラインを担当していることも珍しくありません。

そのため毛が多い・黒ずみが目立つという人が脱毛にきたとしても、なんとも思わないというのが実情です。

施術を受ける人が思っているほど、スタッフは気にしていないため、安心して脱毛の施術を受けましょう!

Oライン脱毛は施術時間が短い

Oライン脱毛が恥ずかしくない、といえる理由の1つとしては施術時間の短さが挙げられます。

脱毛の施術時間は照射範囲に比例するのですが、Oラインは腕や足と比べると照射範囲が非常に狭く、5分や10分も掛からずに施術が完了することも少なくありません。

また昨今は脱毛サロンやクリニックが導入している脱毛機の性能も上がっており、数分で完了するケースもあります。

加えて脱毛が進めば進むほど照射回数も減っていくので、施術時間はさらに短くなっていきます。

Oライン脱毛を恥ずかしいと感じている方も「露出する時間は短い!」と割り切って施術を受けてみましょう!

スタッフからは施術者の顔が見えない

VIOラインの中でも特にOラインに当てはまる話ですが、Oラインを脱毛する際に患者はうつ伏せの状態になっているため、施術者の顔は見えません。

当然施術者の表情や手つきなども確認できないため、思ったより恥ずかしくなかった、と感じる人も多いです。

また一部の脱毛サロンやクリニックでは、VIOラインを脱毛する際にアイマスクを付けてもらえます。

施術者からOラインが見えるのは変わらないため気休め程度ですが、どうしても見られている恥ずかしさがある場合は、アイマスクを付けられないか相談してみるのも良いでしょう。

ショーツを用意するなどの配慮がされている

「Oライン脱毛が思ったより恥ずかしくない」と感じている人が多い理由としては、デリケートゾーンの施術中にも全裸にならない、という点が挙げられます。

ただし施術着の種類は脱毛サロンやクリニックによって異なり、ガウンと紙のショーツ以外にもワンピースタイプの施術着を用意しているところもあれば、身体に巻く用のバスタオルを提供しているサロンもあります。

なおラココ(La coco)などなどの一部の脱毛サロンは、紙のショーツが1枚100円(税込)と有料になっている場合もあるため、施術着に関してはカウンセリングの際に確認しておくと良いでしょう。

施術を担当するスタッフも紙のショーツを全て外すのではなく脱毛する部位だけずらして照射するなど、さまざまな工夫がされています。

どうしても恥ずかしい!という場合は、普段使っているバスタオルなどを持参するのも良いでしょう。

顧客のプライバシーは徹底的に保護される

Oライン脱毛中はもちろん、脱毛を受ける前や後はなるべく人と会いたくない!と考えている人が多いのではないでしょうか。

その点最近の脱毛サロンやクリニックでは、待合室や施術室も別々になっており入店から来店までしっかりとプライバシーが守られているため、恥ずかしい思いをすることは少ないでしょう。

ただし大手脱毛サロンなどは施術室がカーテンで区切られているだけなど、完全個室になっていないケースも多いため、不安な方はカウンセリングの際に施術室を見学させてもらうことをおすすめします。

スタッフが原則女性が担当する

Oラインなどの脱毛は絶対に女性に担当して欲しい!と考えている人がほとんどでしょう。

その点多くの脱毛サロンのスタッフが全員女性であり、異性にデリケートな部位を見られる心配はありません。

ただし医療クリニックの医師のほとんどは男性であり、夏前などの繁忙期は男性医師や看護師がVIOラインの脱毛を担当するケースも考えられます。

そのためOライン脱毛の恥ずかしさを軽減したい!という場合は、医療クリニックではなく脱毛サロンを選ぶか、施術スタッフの性別を固定できるクリニックを探しましょう!

Oライン脱毛は最初は恥ずかしくてもだんだん慣れてくる

このページではOラインを含むVIOラインの脱毛時の体勢や格好、Oライン脱毛を恥ずかしくない理由について紹介してきました。

Oラインは肛門周りのデリケートな部位であり普段人に見せないことから、恥ずかしいと感じる人は多いです。

しかしOラインの脱毛中は施術者の顔は見えませんし、紙のショーツをずらして照射する・全裸にならないように大きめのバスタオルを渡すなど恥ずかしさを軽減する様々な工夫が取られています。

Oラインは脱毛して良かった!という人の方が圧倒的に多いため、まずは勇気を出して無料カウンセリングを申し込んでみましょう!