Iライン脱毛はどこからどこまで?の粘膜部分も脱毛できる?範囲の限界とサロン選びの注意点

Iラインの粘膜部分も脱毛できる?

「Iラインをキレイにしたいけれど粘膜まで脱毛できるの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。

結論から言うとIラインの粘膜までキレイにするためには、サロンではなく医療クリニックでレーザー脱毛を受ける必要があります。

このページではサロンとクリニックのIライン脱毛の対応範囲や、医療クリニックでIラインの粘膜を脱毛するメリットを解説していきます。

またページの後半では、医療クリニックでIラインの粘膜を脱毛する際の注意点を解説していくので、そちらも確認しておきましょう!

【2021年最新】Iライン(陰部)脱毛におすすめのサロンランキング!人気サロンの口コミ・評判を比較

Iライン脱毛の基本的な範囲

Iライン脱毛の基本的な範囲

脱毛サロンや医療クリニックにおけるIライン脱毛では、女性器の周囲と女性器から肛門までのムダ毛が施術の対象になります。

なお肛門周りはOライン、脚を閉じて正面から見える範囲はVラインとして別パーツ扱いです。

ただしデリケートゾーンでどこからどこまでがVIOラインに当てはまるか、Vラインがいくつのパーツに分けられているかなどは脱毛サロンや医療クリニックによって異なるため、施術を受ける前に確認しておきましょう。

Iライン脱毛はどこまですべき?

Iライン脱毛をする際には、どこまで脱毛するべきか迷っている人も多いでしょう。

ここからはIラインを全て脱毛することによるメリットを紹介していきます。

すぐ後にはデメリットも紹介するので、見比べた上でIラインを脱毛する範囲を決めましょう!

Iラインを全て脱毛すると衛生状態が良くなる

Iラインを全て脱毛する最も大きなメリットは、デリケートゾーンをキレイに保ちやすくなる点しょう。

Iラインが全てキレイになれば、アンダーヘアによるニオイやムレもなくなりますし、かゆみや赤みの改善も期待できます。

またIラインのアンダーヘアはおりものや経血が付着しやすく、衛生状態が悪くなりがちですが、完全に脱毛してしまえば悩ませられることもありません。

Iラインのアンダーヘア周りで悩みがある場合は、この機会に脱毛してしまいましょう!

自己処理の手間がなくなる

Iラインを全て脱毛するメリットとしては、自己処理の必要がなくなる点も挙げられます。

特にIラインは皮膚が薄くカミソリなどで自己処理してしまうと、かゆみや赤みの原因になりますし、自分では見えづらいことから粘膜を傷つけてしまうこともあるでしょう。

Iラインを自己処理するのが面倒だし怖い、という方はIライン脱毛を積極的に検討しましょう!

Iラインを完全に脱毛するデメリット

ここまでIライン脱毛のメリットを解説してきましたが、一方でIライン脱毛には施術前に知っておくべきデメリットも存在します。

詳しくは次から見ていきましょう。

陰部が見えてしまう

Iラインを完全に脱毛するデメリットとしては、正面から見ると陰部が丸見えになってしまう点が挙げられます。

特に脱毛している感を避けたい人などは、ある程度Iラインの毛を残しておくことをおすすめします。

またIラインの毛がなくなるとトイレの際に尿が飛び散りやすくなるため、脱毛直後は注意しましょう。

回数が増えて痛みを我慢する機会が増える

Iライン脱毛のデメリットとしては、施術の痛みが強い点も挙げられます。

サロンやクリニックでは毛の黒い部分(メラニン色素)に反応する光やレーザーで脱毛しますが、Iラインの毛は顔や腕よりも太く濃いため、強く反応し痛みが強くなってしまいます。

特にクリニックのレーザー脱毛は効果が高い反面、光量も強いため痛みからコースの途中で通院をやめてしまう人も多いです。

そのため「なるべく痛みを抑えてIライン脱毛したい!」という方はクリニックで麻酔を利用するか、脱毛サロンで痛みの少ない光脱毛を受けると良いでしょう。

Iライン脱毛は粘膜に対応している?脱毛サロンとクリニックの違い

粘膜とは股の中心にある小陰唇の間のことで、Iライン中心の少し湿った部分を指します。

「粘膜にはあまり毛が生えてないから脱毛しなくてもいいや」と考える人も多いですが、デリケートゾーンの脱毛は全体のバランスを考えてキレイにしないと、アンバランスな印象になってしまいます。

このページの最初で説明したとおり、Iライン脱毛で粘膜をキレイにするためには医療クリニックを利用する必要があります。

ここからは脱毛サロンと医療クリニックのIライン脱毛の粘膜の取り扱いについて、詳しく解説していくので、チェックしておきましょう。

脱毛サロンではIライン脱毛でも粘膜は非対応!

まず多くのサロンはIライン脱毛で粘膜をキレイにすることはできません。

なぜならIラインの粘膜は女性の身体の中でも非常にデリケートな部位であり、医療機関ではないサロンではトラブルが起きた際に適切な処置が取れないためです。

実際に脱毛サロンの公式サイトなどを確認すると、Iラインの脱毛範囲については、粘膜から◯センチまでと限定しています。

そのため粘膜の自己処理が面倒な場合は、サロンで脱毛するのは避けた方が良いでしょう。

クリニックのIライン脱毛なら粘膜までキレイにできる

一方でクリニックはれっきとした医療機関であるため、非常にデリケートな部位である粘膜まで脱毛することができます。

仮に粘膜の脱毛で肌トラブルが起きた際にも、速やかに医師による診断や処方が受けられるため、安心して施術が受けられるでしょう。

ただし全ての医療クリニックが粘膜の脱毛に対応しているわけではないため、施術を受ける際にはIラインの脱毛範囲についてよく確認しておくことをおすすめします。

粘膜まで脱毛したいなら医療クリニックがおすすめの理由

医療クリニックであれば粘膜を脱毛できることは説明したとおりですが、粘膜脱毛に対応していること以外にも多くのメリットがあります。

詳しくは次から見ていきましょう。

肌に優しい機械で脱毛できる

医療クリニックでのIライン脱毛がおすすめできる1つめの理由としては、使用している脱毛機の性能の高さが挙げられます。

従来の医療クリニックや脱毛サロンで高い脱毛効果を得るためには、どうしても光量やレーザーの出力を上げる必要があり、肌トラブルが起きやすいという欠点を抱えていました。

しかし昨今の医療クリニックが導入している脱毛機はレーザーの出力を抑えつつ十分な脱毛効果が得られます。

専門知識の持った医師が対応してくれる

先ほども触れたとおりIラインの粘膜は非常にデリケートな部位であり、専門的な知識や技術を持った人が施術をしないと火傷や肌トラブルが起きやすいのです。

その点医療クリニックであれば有資格者である医師や看護師が責任を持って施術を担当してくれますし、肌トラブルが起きた際は原則として無料で治療や処方が受けられるなど、アフターケアも充実しています。

いざという時は麻酔が利用できる

Iライン脱毛で粘膜をキレイにしたい場合に医療クリニックをおすすめする理由としては、麻酔が利用できる点も挙げられます。

医療クリニックの脱毛機は年々進化していますがIラインの粘膜に生えている毛は腕や顔よりも太く濃いですし、デリケートゾーンは下着や皮膚同士の摩擦で色素沈着が起きているケースも多く、施術の際にはもある程度の痛みを伴います。

そのため施術時の痛みに耐えられずコースの途中で施術を諦めてしまう人もいるのですが、医療クリニックであれば麻酔を使うことで、無痛で粘膜を脱毛できるのです。

Iラインの粘膜部分を脱毛する際の注意点

ここまでサロンとクリニックの粘膜脱毛の取り扱いや、クリニックでの脱毛がおすすめできる理由などを解説してきました。

しかし医療クリニックで粘膜を脱毛する際にも、いくつか抑えておきたいポイントもあります。

詳しくは次から見ていきましょう。

施術を受ける前に自己処理が必要

抑えておきたい注意点の1つ目としては、医療クリニックで粘膜を脱毛する際にも自己処理が必要になるという点です。

大抵の医療クリニックでは剃り残しがあってもシェービングサービスを受けられますが、シェービングの分だけ施術時間が減ってしまいますし、処理した直後の肌にレーザーを照射すると痛みが強くなります。

医療クリニックのIライン脱毛で粘膜をキレイにする場合は、粘膜を含めてしっかりと自己処理しておきましょう!

なおIラインの粘膜は鏡を見ながら小さいハサミやフェイス用シェーバーを使うと、自己処理しやすく肌も傷つけづらいためおすすめです。

一方で毛抜きなどは脱毛の効果が得られなくなるため、利用を避けましょう。

生理時は施術が受けられない

Iライン脱毛で粘膜をキレイにする際に抑えておきたい注意点としては、生理時には施術が受けられない、という点も挙げられます。

なぜなら生理時は経血による感染症のリスクがありますし、ホルモンバランスが乱れていることで普段よりも痛みが感じやすいためです。

なお生理時でもVIOライン以外であれば脱毛することも可能ですが、パックプランの場合は1回分消化されてしまうため、施術のキャンセルと変更した方が良いでしょう。

一般的には施術日から2日前の20時までに店舗に連絡すれば、回数を消化せずにそのまま変更できますが、キャンセル規定は医療クリニックや利用しているコースによっても異なるため、よく確認しておくことをおすすめします。

クリニックの脱毛は男性が担当することもある

クリニックでIライン脱毛をする際に注意しておきたいポイントとしては、施術を担当する人の性別が挙げられます。

Iラインは非常にデリケートな部位ですし、プロの医師や看護師であっても女性から施術を受けたいですよね。

しかし医療クリニックは看護師か医者でなければ施術がおこなえないため、繁忙期やクリニックが混んでいるタイミングで脱毛しようとすると、男性が施術を担当することもあります。

そのため医療クリニックを利用する際には「女性から施術を受けたい」ときちんと伝えておきましょう!

施術をした後はアフターケアが不可欠

医療クリニックで脱毛する際には、施術を受けた後にも注意が必要です。

脱毛の施術を受けた後の肌は通常よりも乾燥しているため、粘膜部分をお風呂で丁寧に洗い普段使っている保湿クリームを塗ると良いでしょう。

なお施術の後は過度な飲酒・熱いお湯での入浴・激しい運動は避けてください。

粘膜部分の対応については医療クリニックの無料カウンセリングで詳しく聞こう

このページでは粘膜をキレイにするためにはクリニックを利用する必要があることや、クリニックでIラインを脱毛するメリットなどを紹介してきました。

Iラインはデリケートな部位であり、肌トラブルを避けるためにはしっかりとしたクリニックを選ぶ必要があります。

まずは気になるクリニックの無料カウンセリングを申し込むことから、始めてみましょう!