Iライン脱毛の効果が出るまでの回数は?複数回の施術が必要になる理由と短期で完了するコツ

Iライン脱毛の効果が実感できる回数

Iラインを脱毛する際には効果が出るまでに必要な施術回数が気になりますよね。

施術回数は脱毛するまでにかかる期間に直結しますし、施術回数が増えれば料金も上がります。

このページでは、Iライン脱毛の効果が出るまでに必要な施術回数の目安を解説していきます。

またIライン脱毛で施術回数が必要になる理由や、施術回数を減らす方法なども紹介していくので、そちらも参考にしてください!

【2021年最新】Iライン(陰部)脱毛におすすめのサロンランキング!人気サロンの口コミ・評判を比較

Iライン脱毛の効果が出るまでに必要な施術回数

Iライン脱毛は自己処理が楽になるレベルまで脱毛するか、ツルツルにするまで脱毛するかで必要な施術回数が異なります。

そのため脱毛サロンや医療クリニックで施術を受ける前に、どこまを脱毛のゴールにするかを事前に確認しておきましょう。

なんとなくでパックプランなどを組んでしまうと、後々になって追加の施術が必要になるためです。

Iライン脱毛のゴールごとの必要な施術回数について、詳しくは次から見ていきましょう。

自己処理が楽になるまでには5回前後

まずIライン脱毛で自己処理が楽になる(生えてくる毛が少なくなる・細くなる・生えるスピードが遅くなる)ためには、およそ5回程度の施術回数が必要です。

そのため多くの脱毛サロンや医療クリニックが提供している4回や5回のパックプランを最後まで消化すれば、一定の脱毛効果を感じることはできます。

ただしIライン脱毛の効果が実感できるまでに必要な施術回数には個人差もありますし、脱毛サロンと医療クリニックのどちらでIラインを脱毛するかによっても異なるため、あくまでも1つの目安として抑えておきましょう!

ツルツルになるまでには10回前後

Iライン脱毛でムダ毛が完全に生えてこなくするためには、少なくとも10回程度の施術回数が必要です。

そのため「Iラインをハイジニーナ(無毛)にしたい!」という場合は、脱毛サロンと医療クリニックが提供しているパックプランではなく、施術回数に制限がない通い放題プランを選ぶと良いでしょう。

また一部の脱毛サロンと医療クリニックでは、コース完了後は無料もしくは数百円から数千円程度の料金で追加施術が受けられるプランも提供しているため、Iラインをツルツルにしたい場合はそちらもおすすめです。

Iライン脱毛の完了まで時間がかかる理由

ここまでIライン脱毛の効果が出るまでに必要になる施術回数について解説してきましたが「そもそもなぜIライン脱毛は1回で終わらないのか」と気になる人もいるでしょう。

結論から言うとサロンやクリニックで受ける脱毛では毛周期に合わせて施術する必要があり、Iラインは特にメラニン色素が多いためです。

詳しくは次から見ていきましょう。

毛周期に合わせて照射する必要がある

毛周期とは毛の生え変わりのサイクルのことであり、Iラインを含めて全身の毛は①成長期②退行期③休止期を1ヶ月ほどの周期で繰り返しています。

サロンやクリニックではメラニン色素に反応するレーザーや光を毛根に当てて毛の成長を止めるのですが、退行期や休止期には毛根にメラニン色素がほとんど含まれておらず、脱毛効果が十分に得られません。

またIラインに生えている毛は全て同じサイクルで生え変わっている訳ではなく、成長期にあたる毛は全体のおよそ20〜30%程度になります。

そのためIラインに生えている全ての毛を脱毛するためには、少なくとも5回の施術が必要になるのです。

Iラインはメラニン色素が多い

サロンやクリニックの脱毛が1回で終わらない理由は毛周期にあることは説明したとおりですが、Iラインは特に多くの施術回数が必要になります。

なぜならIラインは色素沈着などで他の部位よりも黒ずんでいる部位が多く、メラニン色素に反応する光やレーザーが毛根以外の部位に吸われてしまうためです。

またIラインの皮膚の下には埋没毛と呼ばれる長く眠っている毛が多いことも、施術回数を増やす原因の1つになっています。

Iライン脱毛をする際には、ある程度の施術回数が必要になることを把握しておきましょう!

Iライン脱毛を少ない回数で完了する方法

ここまでIライン脱毛には多くの施術回数が必要になることを解説してきましたが、なるべく施術回数は減らしたいですよね。

そのためここからはIライン脱毛の施術回数を減らす方法を解説していきます。

「なるべく早くIライン脱毛したい!」「できるだけ安くIライン脱毛したい!」という方はチェックしておきましょう!

レーザーや光の出力を上げる

Iライン脱毛の施術回数を減らしたい場合は、スタッフに頼んで脱毛機のレーザーや光の出力を上げてもらいましょう。

レーザーや光の出力が上がればIラインの毛根に強く作用するため、施術回数を抑えることができます。

しかし脱毛機のレーザーや光の出力を上げると施術時の痛みも強くなってしまうため、麻酔を使うなど痛みのケアをしておくことをおすすめします。

なお麻酔を使えるのは医療機関であるクリニックだけなので、注意しましょう。

医療クリニックを利用する

Iライン脱毛の施術回数を減らしたい場合は、脱毛サロンではなく医療クリニックを利用すると良いでしょう。

なぜならサロンの光脱毛は肌に当たる光の面積が広い分痛みが少ないというメリットがありますが、脱毛効果は低く施術回数が増えてしまうためです。

一方でクリニックの医療レーザーは狭い範囲に強いレーザーを当てることで、少ない施術回数でも十分な脱毛効果が得られます。

ただしクリニックの医療脱毛は、サロンの光脱毛よりも料金が高く痛みも強くなりやすいため、注意しましょう。

生理日を把握しておく

Iライン脱毛の施術回数を減らしたい場合は、自身の生理日をしっかりと把握しておくことが重要です。

なぜなら生理中は衛生面の問題や、肌トラブルの起きやすさからIラインを含むVIOラインの脱毛施術が受けられなくなるため、生理日と施術日か被ってしまうとその分施術回数が増えてしまいます。

生理日を予測できるアプリや、生理日が近づいたら早めに施術日の変更をするなどの対策をしておきましょう!

一般的には施術日から2日前の20時までに店舗へ電話すると、施術日を消化せずにそのまま違う日付へ変更できます。

しっかりと自己処理する

Iライン脱毛の施術回数を減らしたい場合は、しっかりと施術前に自己処理しておきましょう。

なぜなら自己処理が不十分なままサロンやクリニックにいくと、シェービングの分だけ施術時間げ減ってしまい、結果的に施術回数が増えてしまうためです。

またIラインの自己処理が不十分であると火傷のリスクも大きくなりますし、施術自体を断られる場合も考えられます。

Iライン脱毛を少ない施術回数で終わらせるためにも、しっかりと自己処理をしておきましょう!

自己処理に毛抜きやワックスはNG

Iライン脱毛前の自己処理が重要であることは説明したとおりですが、自己処理の際に毛抜きやブ
ラジリアンワックスの使用は避けてください。

なぜなら毛抜きやブラジリアンワックスはレーザーや光が反応する毛根ごと抜けてしまうため、十分な脱毛効果が得られなくなるためです。

Iラインを自己処理する際には、必ずカミソリやシェーバーを使用しましょう!

肌ケアをする

Iライン脱毛の施術回数を減らすためには、日焼けや肌荒れがおきないようにしっかりとケアをするのも重要です。

なぜなら肌荒れ・日焼け・乾燥肌の状態での脱毛は痛みを抑えるためにレーザーや光の出力を下げる必要がありますし、毛周期のタイミングもズレてしまいます。

Iライン脱毛を受けている際には、普段よりも入念に肌のメンテナンスをおこないましょう!

自分に合ったレーザーを選ぶ

クリニックで医療脱毛を受けている場合は、レーザーの種類も確認しておきましょう。

なぜならクリニックによって扱っているレーザーは異なる上に、レーザーによって脱毛効果も変わってくるためです。

例えばIラインなど太い毛に高い効果を発揮するのは、ヤグレーザーやアレキサンドライトレーザーであり、ダイオードレーザーなどは適していません。

しかしヤグレーザーやアレキサンドライトレーザーは痛みが強いため、自身がどこまで痛みを我慢できるかにも注意が必要です。

レーザーの種類をしっかりとチェックして、自身に合ったクリニックでIラインを脱毛しましょう!

Iライン脱毛は効果が出るまでの回数が多いので注意

このページではIライン脱毛の施術回数について解説してきました。

Iラインは毛が太く皮膚にメラニン色素が多いため、他の部位よりも多くの施術回数が必要です。

またクリニックの医療レーザーは脱毛効果が高く施術回数は少なく済みますが、サロンの光脱毛より痛みが強い傾向にあります。

「Iラインをどこまで脱毛するか」「施術回数と痛みのバランスをどう取るか」などをチェックして、自身に合ったサロンやクリニックでIラインを脱毛しましょう!