Iライン脱毛は痛い?痛みを感じやすい人の特徴と軽減する方法を解説

Iライン脱毛は痛い?

「Iラインを脱毛したいけれど、痛みが気になる…」という方も多いですよね。

実際Iラインは神経が集中していることから施術時の痛みが強い部位であり、脱毛を諦めてしまう人も少なくありません。

このページでは施術方法ごとの効果と痛みやなぜIライン脱毛が痛いか、などを解説していきます。

またページの後半ではIライン脱毛の痛みを感じやすい人の特徴や、Iライン脱毛の痛みに耐えられない場合の対処法なども紹介してくので、そちらも参考にしてください!

【2021年最新】Iライン(陰部)脱毛におすすめのサロンランキング!人気サロンの口コミ・評判を比較

医療脱毛は痛みを感じやすいが効果もた

医療脱毛は医療レーザーで毛根を破壊することで、毛の発育を止める施術方法です。

医療レーザーは毛穴に直接針を差し込むニードル脱毛よりは痛みが少ないですが、その分脱毛効果も控えめであり、痛みと脱毛効果のバランスが取れた施術方法と言えるでしょう。

しかし医療レーザーはニードル脱毛よりは痛みが少ないと言っても、照射時の熱は250℃以上にもなるため、ある程度の痛みは伴います。

なお医療レーザーには毛のメラニン色素に反応する熱破壊式と、毛の毛包にアプローチする蓄熱式の2種類があり、熱破壊式の方が痛みは少ないです。

また医療レーザーは医療機関であるクリニックでしか扱うことができないため、注意しましょう。

光脱毛は痛みが少ないが効果は低め

最も痛みが少なく、脱毛効果が低いのがサロンで提供している光脱毛です。

光脱毛もレーザー脱毛と同じように光を当てて毛根にダメージを与える施術方法ですが、照射時の温度は約60〜70℃程度であり「ほんのり温かかった」「輪ゴムで弾かれた程度の痛みだった」と感じる人が多いです。

そのためできるだけIライン脱毛の痛みを抑えたい!という人にはおすすめできますが、光脱毛でIラインをキレイにするためには、医療脱毛のおよそ2倍の施術回数が必要になります。

また光脱毛は医療脱毛とは異なりムダ毛の成長を遅らせる効果しかないため、施術を受ける際には注意しましょう。

Iライン脱毛が痛く感じやすいのは神経が集中しているから

ニードル脱毛が痛いのは毛穴に針を刺す時や電流を流す時に神経に触れるためですが、医療脱毛や光脱毛が痛いのは肌のメラニン色素が関係しています。

医療脱毛や光脱毛のライトやレーザーは黒い毛の毛根にダメージを与えており、脱毛部位の肌に黒いメラニン色素があるとそこにも熱が伝わってしまい痛く感じるのです。

特にIラインは衣服や肌同士の摩擦でメラニン色素以外にも色素沈着により黒ずんでいる場合が多いですし神経が集中している部位であるため、強い痛みを感じる人が多いです。

またIラインの肌が乾燥していると、肌のバリア機能が低下し痛みが強くなってしまうため、施術の際にはしっかりと保湿することをおすすめします。

Iライン脱毛で痛みを感じやすい人の特徴

ここまで施術方法ごとの痛みと、Iライン脱毛が痛い理由などを解説してきました。

しかし同じサロンやクリニックで脱毛しても、痛みの感じ方に個人差があるのはなぜでしょうか。

それはIライン脱毛の痛みを感じやすい肌と、そうではない肌があるためです。

ここからはIライン脱毛を痛いと感じやすい人の特徴を解説していきます。

敏感肌の人

Iライン脱毛の痛みを感じやすい人の特徴としては、敏感肌であることが挙げられます。

敏感肌は通常の肌よりも表面の角質層が薄く、肌のバリア機能が弱いため刺激を感じやすいのが原因です。

加えて肌が乾燥している状態もバリア機能を弱めてしまうため、Iラインを自己処理をした後は必ず保湿しておきましょう!

黒ずみが多い人

光やレーザーは黒い部分に反応するため、Iラインの皮膚に黒ずみや色素沈着が多いとその分痛みも強くなってしまいます。

そのためしっかりと保湿やマッサージをしてIラインの皮膚を白くしてから脱毛するのが理想的ですが、早く脱毛したい!という方は蓄熱式の医療脱毛を探すと良いでしょう。

蓄熱式の医療脱毛はメラニン色素に反応しないため、痛みを抑えてIラインをキレイにできます。

毛深い人

基本的に脱毛は黒い部分が多ければ多いほど痛みが強くなるため、Iラインが毛深い人も注意が必要です。

特にIラインは毛が濃い上に皮膚も薄いため、余計に痛みを感じやすいでしょう。

Iライン脱毛の痛みを抑える方法としては、施術前にしっかりと自己処理をして少しでも黒い部分を減らすことが効果的です。

ただしIラインを毛抜きやワックスで毛根ごと抜いてしまうと、肌へのダメージが大きいですし、光やレーザーが反応する毛根がなくなってしまうため、利用は避けましょう。

Iライン脱毛で痛みを感じた人の体験談

ここからは実際にサロンやクリニックで、Iラインを脱毛を受けた人の体験談を紹介していきます。

施術方法やサロン・クリニック選びの参考にしてください!

口コミ①

我慢できないくらい痛かった

年齢 25歳・脱毛の種類 医療脱毛

はやく脱毛したくて効果の高い医療脱毛を受けたのですが、VIOゾーンの特にIラインは本当に痛かったですね。

特に最初の方は「痛っ!」と声が出るレベルだったので、これから受ける人は少し覚悟しておいた方がいいかなと。

ただ脱毛が進むにつれて慣れていきますし、痛みも減っていくので今はクリニックを利用して良かったと思います。

口コミ②

粘膜付近で限界に…

年齢 28歳・脱毛の種類 光脱毛

自分は痛いのが苦手なのでサロンで光脱毛を受けたのですが、それでも粘膜付近は結構辛かったですね。

痛みは一瞬ですが照射する度に痛くなるので…。

結局Iラインに関しては光量を落としてもらって、ゆっくり脱毛することにしました。

Iライン脱毛が痛い時の対処法

ここまでIライン脱毛の痛みについて解説してきましたが、個人差や施術方法による違いはあるものの、完全に無痛で脱毛することはできません。

そのため「思ったよりIライン脱毛の痛みが強かった!」ということもあるでしょう。

ここからはサロンやクリニックのIライン脱毛が痛かった時に、取れる対処法を解説していきます。

光量を下げてもらう

サロンの光脱毛は他の施術方法よりも痛みは少なめですが、慣れていない人や敏感肌の人は強い痛みを感じやすいです。

そのためサロンの光脱毛が痛みを感じた場合は、施術スタッフに光量を下げてもらうように伝えましょう。

光量を落とせば、肌のメラニン色素に反応する熱も少なくなるため痛みも減っていきます。

ただし光量を下げた分だけ脱毛効果も低くなってしまうため、サロンの回数パックプランを選んでいる場合は注意が必要です。

麻酔を使う

クリニックの医療脱毛は光脱毛よりも痛みが強く、耐えられない!と感じる人も多いです。

そのためクリニックでIラインを脱毛する際には、麻酔の利用を検討しましょう。

クリニックで処方される麻酔は全身麻酔のように意識がなくなるわけではないため、完全に無痛になる訳ではありませんが、それでも大幅に痛みが減ります。

ただしクリニックのプランによっては、麻酔を1回受ける度に料金が発生することもあるため、事前に確認しておきましょう!

事前にしっかり保湿をする

先ほども解説しましたが肌の乾燥はIライン脱毛の痛みを強くしてしまうため、痛みが強い場合はしっかりと保湿してから次回の施術を受けると良いでしょう。

また痛みの強さは肌の黒い部分の多さに影響するため、脱毛を重ねてムダ毛が減っていくと施術時の痛みも少なっていきます。

そのためIライン脱毛に痛みを感じたとしても効果が出始める5回前後までは、施術を受けることをおすすめします。

Iライン脱毛をする前にテストで痛みを把握しておこう

このページではIライン脱毛の痛みについて解説してきました。

Iラインは神経が集中しており毛も太いことから、脱毛時にはどうしても痛みを伴いますが、施術方法によって痛みは異なりますし、痛みを軽減する方法もあります。

まずは痛みの強さを確認するために、サロンやクリニックでお試し照射を受けてみましょう!