2020年のミュゼCMは宇垣美里さんを起用!CMの種類や楽曲・メイキングについて紹介!

2020年のミュゼCMは宇垣美里さんを起用

フリーアナウンサーの宇垣美里さんがミュゼのCM起用され、2020年5月3日より全国で放送を開始しました。

ミュゼのCMには以下2つのパターンが用意され、どちらも働く女性が思わず共感してしまうストーリーが描かれています。

宇垣さんが演じる姿は、仕事やプライベートで頑張る女性そのもの。ミュゼはそんな女性たちの味方であることを表現した内容です♪

この記事では上記2つのCMとメイキング映像に加え、使用されている曲について紹介します。

ミュゼCMは2種類

ミュゼのCMコンセプトは「いろいろあるけど、ミュゼがいる」です。女性たちの仕事やプライベートだけでなく、人間関係などの悩みに寄り添うキャッチコピーですね♪

そんな女性たちが共感してしまうCMの内容は以下2種類です。

  • 登場篇
  • 展開篇

日常生活で疲れている女性たちの悩みに寄り添い、応援していきたい思いが込められています。

どんなに疲れていても、きれいでいたいのが乙女心。そんな等身大の働く女性を宇垣さんが演じています!

登場篇


CMは家に帰ってきて電気をつけたところから始まります。宇垣さんがため息をつき、仕事で疲れた様子で飼い猫に癒しを求めます。

「いつでもごきげん理想の私!ってわけにはいかなくて…」のセリフは、まさしく女性が訴えたい一言ですよね。

仕事で振り回されて、疲れている様子は働く女性そのものです。どんなにキラキラしていたくても、忙しいとぐったりしてしまいます…。

そして会社で上司と言い合いになる回想シーンに。「納得できません!」といったところで、上司は取り合ってくれません。

それでも「やめやめ!」と鏡の前で気持ちを切り替えて、明日も頑張ろうとしている宇垣さんの姿に女性たちは共感してしまうはず。

ほとんどの女性たちは仕事で頑張っているだけでなく、美容に対しても手を抜けないことは多くの人が知るべきです。

登場篇のCMは、健気な働く女性を応援していることを表現しています♪

展開篇


宇垣さんが部屋で食事をしながら、ため息をつくシーンから展開篇のCMが始まります。

冒頭のセリフで「ほんの小さなことでも、自分にとっては大問題だったりする」の一言は、女性同士の人間関係を表していますね。

そして友人とけんかをしたことを思い出し、ナッツを食べようと袋を開けると勢いよく中身が飛び散ってしまいます。

「なんで…」と落ち込む宇垣さんは洗顔後に気持ちを切り替えて、友人に謝罪の電話をしてCMが終了します。

まさしく、小さなことでも大問題になってしまった女性ですね。展開篇のCMは、人間関係で悩みを抱える女性たちに寄り添うことを伝えています。

宇垣さんが演じる女性のように、ミュゼの脱毛に取り組むことで素直に謝れるかもしれませんね♪

メイキング


メイキング映像ではCM撮影の様子や、宇垣さんのリフレッシュの方法などインタビューが収録されています。

宇垣さん曰く、様々な表情を演じることが新鮮で楽しめたそうです。困ったり悩んだりしている表情は、アナウンサーではなく女優のようですよ♪

しかし、ナッツが飛び散るシーンは本当に怖かったとのこと。袋に飛び散る仕掛けがしてあって、ビクビクしながら演じている姿の感想を話しています。

また、宇垣さんがCMで演じた女性のようにうまくいかないときは、お風呂に入ってぼーっとすることでストレスを解消すると語っています。

さらに、共演した猫の「まんちよ」ちゃんとのサービスショットに注目してほしいとのことです。

撮影中はまんちよちゃんに癒されていたと、嬉しそうにしゃべる様子が印象的でした♪

ミュゼCM曲:コレサワ「ご褒美みたいな日」

コレサワ「ご褒美みたいな日」

ミュゼのCMで使用されている曲は、「ご褒美みたいな日」です。歌手はシンガーソングライターのコレサワさんで、1stシングル「憂鬱も愛して」に収録されています。

歌詞で頑張っている女性の気持ちを代弁しており、ミュゼのCMとの雰囲気はピッタリです♪

ミュゼは働く女性たちの味方でいたい

2020年のミュゼのCMは、働く女性たちの味方でいることを伝えています。会社や友達同士の関係などで悩む女性を描いた内容です♪

フリーアナウンサーとして働く宇垣さんを起用し、忙しい毎日を送る女性たちの悩みや葛藤を描いています。

またコンセプトの「いろいろあるけど、ミュゼがいる」は、多くの悩みを抱える女性たちに向けてミュゼからのメッセージです♪

忙しい日々を送る女性たちに寄り添い、支えたいことが伝わるCMでミュゼの脱毛を表現しています。