永久脱毛で後悔する人が多い?主な失敗事例を紹介

永久脱毛で後悔

「永久脱毛が気になっているけれど、脱毛で後悔したくない」そう考えている人は多いでしょう。

特に永久脱毛は費用も高額ですし、全く毛が生えてこないことに不安を感じる人もいるでしょう。

このページでは永久脱毛した人が、後悔するポイントと対処法を解説していきます。

永久脱毛の定義とは?毛は再び生えてくるって本当?

失敗事例➀永久脱毛=永久に毛が生えなくなるわけではない

まず最初に確認しておきたいポイントとしては、永久脱毛をしても毛は生えてくる、という点です。

米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)によれば、永久脱毛とは「最後に施術を受けてから1ヶ月後の毛が20%以下に減る」または「3回の施術と6ヶ月経過後に67%以上の毛が減る」施術のことを指し、永久脱毛をしても毛は生えてるのです。

ただし永久脱毛の技術は年々進化しており「永久脱毛の施術をきちんと受けたけれど、全く効果が出なかった」という口コミは見当たりませんし、ほとんど処理が不要になったことで満足する人が多いです。

どうしてもツルツルの状態を維持したい!という方は、通い放題のプランで永久脱毛すると良いでしょう。

通い放題のプランであれば、自分の納得のいくレベルまでしっかりと施術が受けられます。

失敗事例②永久脱毛は痛みが強い

永久脱毛の方法としてはレーザーで脱毛する医療レーザー脱毛と、毛穴に電気を流して脱毛するニードル脱毛の2つがありますが、どちらも施術の際には痛みを伴います。

特に医療レーザー脱毛の熱破壊式やニードル脱毛は痛みが強く、コースの途中で通院を諦めてしまう人も少なくありません。

また痛みの少ない医療レーザー脱毛の蓄熱式でも、脇やVIOなど毛の濃く神経が集中している部位は痛みを感じやすくなります。

痛みを減らして永久脱毛したい!という方はクリニックが提供している麻酔を利用しましょう。

例えばレジーナクリニックやフレイアクリニックであれば、施術の際に無料で麻酔が受けられるためおすすめです。

ただし痛みの強弱は個人差が大きいですし、昨今のクリニックは脱毛機を強く冷やす・痛みが抑えられるジェルを事前に塗るなど、様々な方法で永久脱毛の痛みを減らしています。

そのためまずはテスト照射で痛みの程度を確認してから、麻酔を受けるかどうかを決めると良いでしょう。

失敗事例③永久肌が荒れる可能性がある

先ほども触れたとおり永久脱毛はレーザー脱毛とニードル脱毛の2つの方式に分けられますが、どちらも施術の際に強い光と熱が発生するため、施術後の肌は通常よりも乾燥してしまいます。

そのため永久脱毛の施術後は肌が赤みを帯びる、かゆみがでてくるなどの肌トラブルが起きる可能性があります。

昨今は施術をおこなうスタッフの技術も高まっており、多くのクリニックでは施術後にアフターケアが受けられますが帰宅後にも自分で脱毛部位の冷却と保湿をおこなうと、肌トラブルが起きずらくなるでしょう。

またエミナルクリニックやリゼクリニックなどは、自宅ケア用に軟膏や薬を処方してくれるため、上手く活用するのもおすすめです。

失敗事例④元に戻せない

永久脱毛は完全に毛がなくなるわけではありませんが、大部分の毛は生えてこなくなります。

そのため女性ではVIOをツルツルにして引かれた、男性ではヒゲを生やしたくなった、などの理由で永久脱毛を後悔する人もいます。

上記の理由で後悔しないようにするためには、施術を受ける前にしっかりと確認や相談をすることが重要です。

具体的にはシェーバー・カミソリ・ワックスなど毛が元に戻る方法で理想の状態まで自己処理をし、見た目などに問題ないか入念にチェックしておきましょう。

またVIOやヒゲでデザイン脱毛する場合は、スタッフやドクターにメリットデメリットや見た目の印象などを相談しておくと後悔することが減ります。

VIOのデザインを流行に乗って決めてしまう後悔が多い

永久脱毛する際には脱毛する部位にも注意しましょう。

例えば「Iラインを完全に脱毛したら正面から見た時に大事な部分が見えてしまう」「パーツごとに脱毛していったら全身のプランより高額になってしまった」などの理由で後悔する人は多いです。

永久脱毛の脱毛する部位で後悔しないためには、カラダのパーツで考えるのではなく全身から見た印象で脱毛部位を決めると良いでしょう。

また施術を受ける際には「この部位とこの部位を脱毛したいけれど一番お得なプランはどれですか?」「この部位を脱毛している人は他にどの部位を脱毛していますか?」と事前に聞いておくと、後悔しづらくなります。

失敗事例⑤完了まで時間がかかる

脱毛の施術は毛が成長する時期に合わせておこなう必要があるため、永久脱毛するためにはある程度の期間が掛かります。

かかる期間は毛質や肌質などの個人差やどこまで脱毛するかにもよりますが、一般的な永久脱毛のプランでは5回の施術を1〜2ヶ月スパンでおこなうため、5ヶ月から10ヶ月はかかる計算になります。

また完全に自己処理が不要になるまで永久脱毛するためには10回ほどの施術が必要になり、さらに期間が伸びてしまいます。

永久脱毛にかかる期間で後悔しないためには、あらかじめ所要期間を確認しておく必要があります。

公式サイトをよく確認するのはもちろん、無料のカウンセリングでどれくらい期間がかかるか質問するのも良いでしょう。

失敗事例⑥硬毛化する場合がある

まれなケースですが永久脱毛をすることで、産毛が硬くなってしまう場合があります。

上記の現象は硬毛化と呼ばれ、現時点では原因が明らかになっていません。

そのため硬毛化で後悔しないようにするためには、硬毛化が起きないクリニックではなく、硬毛化が起きても施術が受けられるクリニックを探すと良いでしょう。

例えばリゼクリニックで硬毛化が起きた場合は、最大1年間無料で施術が受けられるため、安心です。

失敗事例⑦料金が高い

永久脱毛をするためには、医療機関であるクリニックで強力なレーザーや電気を使う必要があるため、無資格者でも施術できるサロンの光脱毛と比べるとどうしても高額になってしまいます。

例えばクリニックで顔やVIOを含む全身を永久脱毛すると平均で30万円近くかかりますが、脱毛サロンでは10〜20万円程度で脱毛できます。

脱毛サロンで永久脱毛はできませんが、自己処理が楽になるレベルまで脱毛することは可能ですし、クリニックよりも痛みが少ないというメリットもあります。

永久脱毛の料金で後悔しないためにも、複数のクリニックの料金をしっかりと比較検討しておきましょう。

プランの料金はもちろん、キャンペーン・診察料・麻酔代・コース完了後の追加施術料金なども確認しておくと、後悔しづらくなります。

適当に永久脱毛すると後悔することもあるので注意

このページでは永久脱毛で後悔するポイントについて解説してきました。

永久脱毛で後悔する人の多くは、事前の調査不足や準備不足が原因です。

これから永久脱毛を検討している人は、しっかりと複数のクリニックを比較検討し、永久脱毛についての知識を把握してから、施術を受けましょう!