脱毛とマッサージ・エステを同じ日に受けることは出来る?

「脱毛サロンやクリニックに通っている間でも、マッサージやエステを受けたい」と考えている方もいるでしょう。

しかし、脱毛をした直後にマッサージやエステを受けても身体に問題ないのでしょうか。

結論から言うと、脱毛した当日にマッサージを受けるのは原則NGですが、一部のマッサージやエステなら問題ありません。

このページでは脱毛中でも利用できるマッサージ・エステについて解説していきます。

脱毛当日のマッサージは絶対ダメな理由

「脱毛の施術を受けた日にマッサージやエステにいくのは避けてください」と言われるのはどうしてでしょうか。

主な理由としては、炎症が起きやすくなる・肌トラブルの原因が分からなくなるの2点が挙げられます。詳しくは次から見ていきましょう。

肌が温まり炎症が起きる

脱毛当日のマッサージやエステを避けるべき最も大きな理由は、炎症が起きやすくなるからです。

サロンやクリニックの脱毛では、光やレーザーをつかって施術をおこなうのですが、脱毛した部位は火照りやすくなり、マッサージやエステによって身体が温まると炎症が起こりやすくなります。

また脱毛直後の肌は乾燥していることが多く、マッサージやエステによる摩擦のダメージも無視できません。

脱毛した日にマッサージやエステを受けるのは避けた方が良いでしょう。

炎症が起きても原因が分からない

脱毛当日のマッサージやエステを避けるべき理由としては、炎症などの肌トラブルが起きた際に原因が特定できなくなる点も挙げられます。

脱毛当日にマッサージやエステを受けて肌トラブルが起きた場合、どちらの施術が原因で肌トラブルが起きたのか判断がつかないのです。

当然サロンやクリニックから保証を受けることはできませんし、原因が特定できず治療が長引く可能性もあります。

脱毛サロンやクリニックで施術を受けたら、3日から1週間はエステやマッサージを避けることをおすすめします。

脱毛当日に避けるべきマッサージ

ここまで脱毛当日にエステやマッサージを避けるべき理由を紹介してきましたが、ここからは特に避けるべきマッサージの種類について解説していきます。

マッサージの種類によって脱毛施術から空けるべき期間が異なるため、詳しく見ていきましょう。

アロマオイルを使うマッサージ・エステ

脱毛当日に避けるべきマッサージの代表例としては、アロマオイルを使うマッサージ・エステが挙げられます。

なぜならアロマオイルを使ったマッサージやエステは脱毛直後の肌には刺激が強く、赤みやかゆみが出やすいためです。

またジンジャーやローズマリーなどよく使われるアロマオイルや精油は血行を良くする効果があり、腫れや乾燥など思わぬ肌トラブルがおきる可能性もあります。

アロマオイルを使ったマッサージやエステは脱毛してから、1週間ほどは空けることをおすすめします。

痩身マッサージ

脱毛当日に避けるべきマッサージとしては、痩身マッサージ・エステも挙げられます。

なぜなら痩身マッサージ・エステは身体を温めてセルライトを燃焼させるのですが、脱毛直後の肌には大きな刺激になってしまうからです。

またラジオ波やキャビテーションなど機械を使う痩身マッサージは、ハンドよりも深い部分で温まりますし、範囲も広いため特に避けるべきと言えます。

利用するサロンや使用する機械にもよりますが、痩身マッサージは脱毛してから2〜3週間は空けるできでしょう。

岩盤浴

岩盤浴やともぎ蒸しなど身体を温めるマッサージは脱毛直後の肌に刺激を与えてしまうため、避けるべきです。

同じ理由でサウナやホットヨガなど大量に汗をかくフィットネスなどもNGです。

岩盤浴などは脱毛してから最低でも1週間は空けることをおすすめします。

着衣のまま受ける全身マッサージ

脱毛直後に避けるべきマッサージとしては、着衣の状態で受ける全身マッサージも挙げられます。

着衣の上からマッサージを受けると服の内側が肌と擦れて大きな刺激になりますし、汗が蒸発しづらいことからあせもになってしまうケースも考えられます。

脱毛サロンやクリニックに通っている間は、なるべく着衣のまま受けるマッサージを避けた方が良いでしょう。

脱毛をしても条件付きで受けられるマッサージ・エステ

ここまで脱毛中には特に避けるべきマッサージやエステを紹介してきましたが、脱毛中でもマッサージやエステを受けたい、と考えている方も多いでしょう。

そこでここからは、脱毛中でも条件付きで受けられるマッサージ・エステを紹介していきます。

骨盤矯正

脱毛をしても条件付きで受けられるマッサージ・エステとしては、骨盤矯正・骨格調整・カイロプラスティックなどが挙げられます。

なぜなら骨盤矯正などの施術は身体の骨や奥深くの筋肉に作用するため、肌には大きな刺激にはならないからです。

しかし長時間施術を受けると手から伝わる熱から血行が促進され、脱毛した部位に赤みやかゆみが出る可能性もあるため、不安な方は施術を受ける前にあらかじめ相談することをおすすめします。

接骨院の施術

脱毛直後でも問題ないマッサージとしては、接骨院の施術も挙げられます。

なぜなら接骨院の施術は主に骨折や脱臼など外傷の治療であり、皮膚には大きな影響がないためです。

しかし接骨院は様々な方法で施術をおこなうのが特徴であり、温熱療法・手技・電気機械などは肌への刺激になるケースも考えられるため、カウンセリングの際などに脱毛のことを伝えておくと良いでしょう。

部分マッサージ

脱毛後でもマッサージを受けたい場合は、身体の一部だけをほぐしてくれる部分マッサージを利用しましょう。

脱毛した部位を避けてマッサージをすれば肌への影響はありませんし、全身マッサージよりも早く安く済むというメリットもあります。

ただし全国でチェーン展開しているマッサージサロンなどは、皮膚の上から施術をおこなっているケースもあるため、かぶれや赤みが気になる方は施術を受ける前に確認しておきましょう。

タイ古式マッサージ

脱毛後でも気にせずに受けられるマッサージとしては、タイ古式マッサージが挙げられます。

タイ古式マッサージは肘・手・足で指圧するもみほぐしとストレッチを組み合わせたマッサージで、肌への負担が少ないのが特徴です。

ただし一部のタイ古式マッサージは肌への刺激になるアロマオイルを利用しているため、施術メニューはきちんと確認しておきましょう。

足つぼ

脱毛当日に受けられるマッサージとしては、足つぼやリフレクソロジーなどが挙げられます。

足つぼやリフレクソロジーには自律神経を整える効果や、身体の疲労回復を促す効果があり、脱毛サロンで長時間同じ姿勢でいるのが辛かった方にはうってつけと言えます。

なおふくらはぎを脱毛した方は、足裏と足の表側だけで施術を受けるようにしてください。

ヘッドスパ

脱毛した後にも問題なく受けられるマッサージとしては、ヘッドスパも良いでしょう。

ヘッドスパは頭皮のもみほぐしやヘアトリートメントなどで、頭や顔の筋肉をほぐす効果があり、肩や首のコリに悩んでいる方には特におすすめできます。

昨今では美容室でもヘッドスパを提供していることが多いため、まずは普段利用しているヘアサロンのメニューを調べることから始めてみましょう。

万が一のことを考えると安静がおすすめ

このページでは脱毛後は避けるべきマッサージやエステなどを紹介してきました。

脱毛した部位以外または皮膚以外に作用するマッサージやエステであれば、基本的に問題ありませんが、万が一のリスクを考えると避けた方が良いです。

どうしても受けたい、という方はサロンやクリニックで相談してみましょう。